路地裏から哀愁の京都へ

京都の裏手から田舎の懐かしい景色を中心に撮影しています。

下京区界隈

木陰でちょいと休憩

足は思いのほか軽傷でわりとすぐに完治しそうです。 それでも暑さにノックアウトされかねないので ぼーっとベンチに座って休憩は度々。 そんな線路沿いのベンチから特急列車を。 しばらく歩くと沢もあったりします。

ノスタルジー食堂

暑い暑いと自転車は進み続けます。 昔から営業してそうな大衆食堂はどこか懐かしくて。 入ってないのであくまで自分の想像ですが 店内の壁にはビールを持った水着の女性のポスターが 貼ってあるだろうと勝手に思いました。 対向車線にあるおはぎ屋さんも好き…

レトロ&モダン

先週の今頃は「来週ずっと雨か。。。」なんて思っていましたが いざ迎えるとそこまでザーッとはきてなくてむしろ晴れ間が。 嬉しい誤算というものか、予定が崩れるというものか。 そんなこんなで迷い込んだ路地の一枚ですね。 このベンチの感じ、好きですね。

サンショウウオは見ている

京都駅の近辺には京都水族館にちなんだ 生き物たちの像がちらほらあります。 交通博物館にちなんで新幹線の像もありますね。 しかしこのサンショウウオはその中でも一番多く、 おそらく京都水族館のスターなのだと思います。 やはりなにかを見ているようだ。…

突き抜ける高架橋

東海道線が山科へと向かう途中にある跨線橋。 ここは鉄道ファンの方々が結構集まる撮影のメッカです。 幼きころに連れて行ってもらってたのが最近のようで。 昔は高く見えたフェンスも今は背伸びすればなんとか見えるという なんともノスタルジーに浸れる大…

5番6番

梅小路公園を東に進んで東海道線を越えていく橋の下にて。 某物流会社管轄の倉庫ですが何年も開いてないのではと 歩いていて余計なお世話を考えていました。 なにが入っているのか興味はあれど 部外者の自分には絶対にいけない好奇心。 しっかりと1番からず…