路地裏から哀愁の京都へ

京都の裏手から田舎の懐かしい景色を中心に撮影しています。

京丹波町

メテオラ

市内は大雨が降ったと聞きましたが京丹波町は 曇りこそしましたが終始暑い気候でしたね。 わりと信じられないスケールの蛾と遭遇した時は さすがに腰から倒れそうになりましたね。 そんなこともあった夕景はいつもの 好きな風景でした。 松の木を暖かい雰囲…

駅の下をくぐりまして

雲が空を覆う時間帯と思いっきり陽が差しこむ時間帯と ほんの少し歩くだけで環境は一変します。 露出が足りないや過多だったりと難しいです。 山陰本線の無人駅の下をくぐる道を歩いて ふと見上げるとあっという間に曇り空で 今にも雨が降り出しそうな感じで…

spread wing

川べりの魚釣りにはこれ以上ないスポットにて。 穏やかな気候だと右を見れば鳥も同じく羽を広げていました。 なかなか暑くて湿度も伴ってきっと自分と同じ気分なのだと。 もうすぐ夏はやってくるでしょう! 魚が跳ねる音はすれど姿は見えませんでした。

ホームより上を見上げて

久々のうだるような暑さ。 いよいよ夏もそこに近づいてきていると実感します。 それなのに蝉は早くもアスファルト上でひっくり返っていまして。。。 まだまだ夏はこれからなのにバテるには早いでしょう。 そんな駅のホームから少し涼しげに撮ってみました。 …

整列

ずらっと並んだ鳥居ですが広角を使っても足らずじまいに。。。 お賽銭箱が傾いていたのでカメラを傾けて歪みを。 伏見稲荷もそうですが、規則正しく並んでいるものって なんとなく吸い込まれそうな感覚がたまにあります。 それと初詣でもそうですが何故か規…

behind the mirror

雨が上がってわりかし天気の良い日でした。 なんとなく線路沿いを歩いて見つけた交差点は いたって普通のものではありますが 水の張った田んぼや麦わら帽子の作業するおばあちゃんを眺めて やっぱり田舎をそぞろ巡るスタイルがあっているのだと実感しました。

哀愁の商店街

国道にかかる表示には市街地とされていますが 実際はシャッターの下りた家々が連なる商店街で。 開いているのは散髪屋と電器屋と郵便局ぐらいです。 最盛期はわかりませんが、今のこのスローな時間も 自分は好きですね。 歩いているのは自分だけでしたね。

梅雨列車

凄まじい豪雨と雷鳴の夜も過ぎてみれば ささやかな日常でとりあえず一安心です。 来週は晴れ予報が続いていよいよ梅雨明けかなんて 思っていますが例年どおりに 夕立に泣かされるのだろうと思います。。。 それにしても近代的な車両が増えて アンバランスに…

into the flame

国道沿いのとある木造のバス停にて。 本当に自分はバス停が好きなのだとつくづく思います。 ここは席の横側が御覧の通り開けていまして。 雨の時はどうするのかと思ったり そもそもここを利用される方は何人くらいなのかと 思いを馳せました。 物置としても…

鏡とお地蔵さまと灯篭

川べりにあるカーブミラーとお地蔵さん。 もちろん離合は困難なのでミラーは必須ですね。 集落としては最果ての感じもあるこの地域ですが、 桜は綺麗で秋は紅葉、これからは蛍と… いろいろな側面を魅せてくれます。 ちょっと明るすぎた感もありますね。。。

影木

おだやかに暑い気候ながら風が吹いていて雨の予感も。 今はほとんど人が訪れない校庭の木もなんとなく寂しそうで。 それでも廃校となったあとも枯れることなく佇んでいて なおかつ切ろうという動きもないのが嬉しかったりもします。

ゆらりゆらりと

いよいよ水田に苗が植えられている場所が多くなってきました。 太陽が本当に暑くて一気に夏ですねぇと思わされる。 まだまだ雨は多くて曇天のダークな景色も撮れますね。 それで機材が負傷してしまうのは一番のミス。 気をつけねば。。。 そんなゆったりとし…

今日も今日とてバス停へ

なぜか惹かれる田舎のバス停、そして停留所。 満員になることなんてほとんどないのにバスは今日も走っています。 一回バス旅というのもいいかもしれない。 そして待合室に共通しているのがお花やカレンダー、座布団など 誰に頼まれたのでもなくいつでも待ち…

川と藤の花

ついに山奥といえど日中は30℃を越えてしまった。 もはやエアコンの出動は早い段階で決断せざるをえません。 クロックスを履いて近くの川へ出かけてしばらく足を冷やすだけで 一足先に夏の気分です。 しかし市内にはいない超強力な蚊(通称:ブト)がすでに…

電波さえ届かない集落にて

京丹波町の最奥地、ここに住んでおられるのは22人。 携帯電話をとりだしても圏外でまさに秘境です。 それでも道中に宅急便とすれ違ったりトラクターの音に ここにも確かに生活があってこの集落を守っておられます。 もうすぐ蛍も出てくるでしょう。 しかし…

before after

向かって左の建物が以前にも出てきました廃校となった小学校。 そして右側が廃校舎を取り壊して新たに建設された施設。 なんとオールウェザーに対応したゲートボール施設です。 時代の流れで小学生は減り老人が増えたという側面も持ちながら、 アクティブな…

夜の向こうへ

たまには慣れないことにも挑戦して星空を。 完全な闇ではないですがそこに輝く星たちは何とかカット。 たまに宇宙に関する本や記事に触れてそのスケールに圧倒されますが いつか行けるだろうと思ったり思わなかったり。。。 意外と明るい向こうの空。 ホワイ…

能動的に農道へ

黄砂で空が霞んでしまって洗車したばかりの車も すぐに模様がつくという気候ですが雨がないだけと考えますか。 近所の田畑も夏や秋に向けた動きが活発なので 傍からのんびりと眺めるのが一息入れるときの習慣になっていますね。 そんな一日もとりあえずめで…

make a wish

カレンダー上の連休はあっけなくあっという間に終焉を迎えて。 何の気なしに翌日を迎えるのがGWの宿命みたいなもの。 また来年、いや夏のお休みをめがけて頑張ろうかいなと。 そんなこんなで田んぼには水がはられて稲も植えられました。 画面中央、アナグ…

裏山に足を運んで

田舎を何の気なしに車を走らせると実は名前もわからないし ポケモンGOにも載ってないような静かな境内があります。 それでも確かにそこの地域には欠かせない いやそれ以上に守り神なのかもって思わせてくれる そんな場所がやっぱり好きだなぁと。 しかし普…

跨線橋から見下ろして

京丹波町に戻って国道から離れた駅にて。 昔は深夜に特急が停車したり団体列車も発着していたこの駅も なんだか小さくなってしまったなぁと。 それでも一時間に一本来る二両編成のローカル線にまた 旅愁も浮かんでくるものです。 残念ながらなにも来なかった…

芽吹きの季節

桜が散って木々は次の形態へと変わっていっています。 こちらは栗の木ですが、剪定を終えて抜群の状態になって 実りの季節を待つというわけですね。 それはまだまだ台風などを乗り越えた先のお話。。。 じつは少し歩けば山桜は今なお健在。 標高の高い山では…

夕暮れ、ある木

園芸には詳しくないので何科の木かもわかりませんが 根元を固定して成長するお手伝いを誰かがやってらっしゃる そんな小さい光景に目を凝らしていきたいなぁと思いました。 よいお休みをお過ごしください!

トンビ&パワーライン

地上にあるのであろう獲物を空中から監視する様はこれぞハンター。 自分の上にもやってはくるが興味のなかったかのように去っていき また空中をぐるぐると。 のどかな雰囲気の中サンドイッチとかを食べようものなら 一撃で仕留めてくるので本当に注意をして…

季節の灯

水曜日から天気が崩れるようで。。。 これからは一歩一歩と夏に向かっていくのだろうと実感。 まだまだ行けていない場所がたくさんあるので めまぐるしく季節が移ろうのも待ってくれないかなぁと。。。 そんなこんなでまたカメラを持ってゴーです!

よくよく見れば山桜

北部の方では道路沿いの桜こそ散ってしまいましたが 山に目を向ければさりげなく満開の花々が。 あの手の桜っていつ誰が植えたのだろうと 毎回不思議に思いますがもし自然でだったら さすが自然の力だわと称えざるをえない。 今年一番の快晴だったと思う夕暮…

scene of 5

さてさてこのscene of~シリーズも一区切りいたしましょう。 ラストはマイホームタウン京丹波町編です。 この山奥にある集落にある桜を撮るために 春を待っていると言っても過言ではありません。 素晴らしい場所です。 別視線より ここでレンズカバーを下に…

桜ステーション

鼻水が僕を攻める。運転中だろうと撮影中だろうと。 だがそれも春らしくていい。 ここは山間の無人駅。高台にあって見渡せます。 当然なかなか電車は来ませんが景色だけで味があります。 雨が降ったり気温が急に上がったりと緩急自在の天候ですが まだまだい…

rain after rain

それにしても雨が降りすぎじゃないかと。 しっとりとした写真も悪くはないですが ぼちぼち快活な春ってイメージを湧き起こしたいです。 雨を主役に桜を脇役にするテクニックがほしいと こんな雨の日は思いますね。 うーむ歪んでしまった。。。

霧中に

雨ですが桜は耐えてくれたとただただ感謝。 これから花見って方々も多い中でもう散るというのは あまりにも無慈悲でございます。自分も含めて… 逆に雨が降ったときのしっとり感が出せて 悪くないのではないかという余裕さえも感じればいいなと思いました。