路地裏から哀愁の京都へ

京都の裏手から田舎の懐かしい景色を中心に撮影しています。

京都府

秋の空は天高く

突き抜けるような快晴で、 暑さ寒さも彼岸までを体現するかのような暑い一日に。 彼岸花もあちこちに咲き始めて 稲も刈り取られていない場所が増えてきました。 いよいよ秋の味覚とともに季節が移ろうのでしょう。 ちなみに彼岸は26日までをいうことを 夕方…

赤影の夕暮れに

お彼岸の最終日は夏を感じるような晴天でしたね。 鳴いている虫が少し違っていてやはり秋の感はありますが 夏がわりかし好きな自分としては嬉しい気もします。 そして夕焼けも美しかったのでまた晴れるでしょう。 車も途切れてなんとなくいい感じに。。。

お彼岸の彼方に

お彼岸に合わせてくるように咲いた彼岸花。 田畑の畦道にばかり咲くのは球根になにやら理由があるようで。 京丹波町は彼岸花があちらこちらに咲いていますが、 まだまだこれから増えそうです。 短い時期に咲き誇るので個人的に好きな花です。

石畳とその空に

雨は大丈夫と聞いていたのに降られてしまいましたね。 それでも彼岸の土日は予報が変わって天気よさそうなので 田舎に帰って色々できそうです。 夏は終わってしまったなぁとか言っているあいだに もう早くも来週末は10月という流れに時の早さを実感。。。 た…

栗の日

先週の台風に負けずに実った栗。 左側の栗はイガこそ耐えたが実が落ちてしまっていました。 いやもしかしたら動物の食事と化したのかもしれません。 緑のイガもちらほら色が変わってきて秋が本格化なのかと。。。 落ちながらも成熟してくれた栗。

雨上がりの側道から

雨はまだ大丈夫だろうと油断している時こそ降るもの。 ちかくに運よくベンチがあって通り雨をやり過ごして さて行くかと歩きだしたときの風景ですね。 葉っぱが散ってまた次の芽吹きに備える、 そんなこんなでマイペースにやっていきたいですねぇ。 雨風が来…

ふと来た道を

昼間の昼食時、道を歩いているのは自分一人で。 それでも開いている窓からテレビの音となにやら焼いている匂い。 田園風景を横にゆっくり歩いてみるのも悪くないと思いました。 それにしてもまだ暑さはありますね。

草の道

トンボが多く飛び交うサイクリングロード。 御覧のように草は太陽と雨を受けて盛大に育っています。 これが刈られるころ、色が変わるころには本格的な秋かと。 そしてこのあとスズメバチと遭遇してしばらく絡まれました。 そして先日の台風による大雨で京丹…

霧の木

台風はこの時間はようやく通り過ぎたようで。 10時ごろに携帯電話の避難勧告アラームには驚きました。 夜だったので被害の全容はわかりませんが極力少なくなるように。。。 ここの場所は霧が濃くかかりやすいので水墨画のような景色になります。

see to sea

台風前夜の京都はずっと雨が降っていました。 近年稀にみるほどの威力の台風のようで 出かけるのも注意が必要ですね。 今年は雨の被害が多いのでなんとかスッと抜けてほしいところです。

その目つきは鋭利だった

日陰でゴロンとしていた猫さん。 近づいても逃げることなく撫でても全くおとなしくて 行き交う人たちにちょいちょい相手してもらっているんだろうなぁと。 しかしカメラを向けてシャッターをきるとこの眼光です。 厳つさをキメているのか、はたまたこれが真…

夕景ミラー

台風が近づくと夕焼けが起こりやすくなるようで。。。 確かにグッとくるほど空が赤く染まりましたね。 それでも週末にやってくる台風がまたも猛威を奮いそうです。 秋は美しい景色と自然との調和ですね。 しかし虫が多いのも秋ならでは。。。

孤高の花

草が生い茂った河川敷になぜか一本のアサガオらしき花が。 種が運ばれてきたから咲いているのでしょうが、 他の草が豪快に伸びているだけにひっそりと咲く姿は逆に気高い。 見渡してみると何箇所か咲いていましたが花が集まるのはここだけでしたね。

アッシュトレイ

スカッと晴れることの少ないここ最近ですね。 それでも蒸し暑さは残って一筋縄では秋はこないようで。。。 桂川を見渡せるベンチに置かれていたのは手製の灰皿。 中に数本吸殻が入っていたのでここで川を眺めながら ほっと一息いれておられたのでしょう。 そ…

開花とまだ

すっかり曇り空の日々が続き、日中も短くなってきたなぁと体感。 なんという花なのかわかりませんがあちこちで咲き誇るオレンジ黄色の花。 なかにはまだこれから一花咲かせようと待機している花も。 秋も花や木々が色づく季節なので楽しみですね。 鉢植えに…

田園ハウス

北海道の写真もおおよそまとまってきたのでもうすぐです。 京丹波町内の田園も段々と色づいてきてなかには コンバインが稼働して刈り取られている農家さんも。 この一面の黄金色の田んぼこそが秋だなと一番感じます。 ここももうすぐ収穫ですね!

忘れられた広場にて

昔はここでもゲートボールやラジオ体操が 行われていたであろう広場。 現在は草が生えてきてベンチもどこか放置気味です。 それでも座布団や靴跡があるのを見ると 誰かがふっと腰をおろして休んでおられるのかもしれませんね。 倉庫は残念ながら開けっ放しで…

丘を越えて

ミンミンゼミが残りの燃料を使い切るかのように頑張っています。 そんな今週は雨でまた一気に秋に近づきそうな予感。 田園風景が見渡せる高台でなんとなく秋を思いながら まだまだ歩いていると汗ばむなと思わずにいられない。。。 田んぼアートを展開中の京…

天高く秋はそこに

風がまさに秋のそれらしくなりまして。 栗の木は今年もたくさん実をつけています。 猿やイノシシとの争奪戦もありますが 実り多き秋になるといいですね。 夏はあっというまに過ぎるので寂しく感じますが。。。 夕景が美しくなる季節の到来ではあります。

バイクインフラワー

息抜きにいつもの河川敷に。 コスモスでしょうか、綺麗な花がたくさん咲いています。 公園を管理してくれている方々の尽力あってこそですね。 不思議なもので花に囲まれているときは虫が寄ってきても 割といけたりするので不思議です。 ↓クマバチに注意 自ら…

夏あと

無事に帰宅しました。 いっぱい写真撮れましたので整理でき次第また載せますね。 やっぱり北海道、大好きです。 そして京都に帰るとどことなく秋の雰囲気が。 風も涼しく日差しもそんなに強くないように感じました。 なかでも帰路に咲いていたヒマワリがうな…

草むらパーク

久々に足を運んだ桂川沿いの公園。 雨と強烈な太陽の日差しで草はぐんぐんと成長し、 自分の背丈を越えてくるまでになっていました。 これだけ成長が早いと草刈をすれどすれど キリがないのかもしれませんね。 ススキでしょうか、結構な高さです。

テラス的なもの

木造の年季の入ったベンチへと続く道。 きっと昔は今ぐらいの季節に夕涼みに使われていたのかと。 そう思うとなにか哀愁がたちこめてきますが、 近くに蜂の巣があるのかブンブンと飛び交っていまして それどころではありませんでした。 しかしどうしても自然…

風が吹く時

湿度が最高レベルに高い京都市内。 なにもせず立っているだけで汗ばむというもの。 川沿いで少しは緩やかな風が吹いてくれるだろうかと 思っていましたが、風が吹くのは列車が駆け抜けるときだけ。。。 もう風はしばらく吹かない。。。

カエル、いざ大海へ

爬虫類が苦手な方、申し訳ないです。 雨水が自然に溜まった容器の中でオタマジャクシが しっかりと成長していました。 小さいのから手足が出かけているのまで様々。 そんななかに今まさに外に旅に出そうな一匹を。 グッドラック!!

とある農道をGO

国道からスッと脇にそれて走ってみると田園風景広がる場所に。 ここは福知山と綾部の境にある集落ですが、 かやぶき屋根や蔵のある歴史を感じさせる家が多くて 個人的にまた大好きな雰囲気でした。 ゆっくりとまだまだ見知らぬ場所を見つけます。。。

蝉、さんざめく

近頃あれだけ騒がしていた蝉も段々とおとなしくなりまして。 本当に夏はあっという間に過ぎていくんだなと日々痛感します。 賑やかだったクマゼミに変わりまして近所の神社では 写真のアブラゼミに勢力が変わりつつあります。 残りの夏も全力で鳴き続けてほ…

イノシシ、天空を知る

京都市内に戻りまして改めて市内は暑いなぁと。 足の快癒を願うため護王神社にて拝んできました。 ここの主はイノシシ様で境内にはあちこちに祀られています。 足の怪我も徐々に取れてきて来週からの旅に向けて調整です。 ずらーっと並んでいる様は壮観です。

個人的原風景

夏なのでどうしても撮りたくなりますヒマワリ。 急な大雨とカラッとした景色と短時間で 景色は変わっていくので本当におもしろいです。 そしてかやぶき屋根とヒマワリが 故郷に帰ってきた感じがして大好きですね。 軒先のお野菜。 これを採って縁側で食べる…

二つ屋根の建物

美山かやぶきの里では屋根にめがけて放水する 放水銃なるものがあちらこちらに設置されています。 かたや右側は野菜の直売所の簡単な小屋。 残念ながら野菜は並んでいませんでしたが 農家の方とお客さんの信頼があってなるもの。 こういうものは大切にしてい…