路地裏から哀愁の京都へ

京都の裏手から田舎の懐かしい景色を中心に撮影しています。

京都府

成る実

彼岸でも連休でもないなか国道は混雑してまして。 のんびり道を進み山に入りうろうろしてました。 寒くもなく暑くもない秋の陽気に柿や柚子やミカンが成っているのはさすが秋だなと。 日中が短くなってきて少し寂しい季節でもありますがまだまだこれから。

ナイト&デイ

二条駅前を歩いていてなんとなく東の空を眺めた一枚。 台風一過で好天になり風も吹いて秋の装い。 日中の時間が短くなり少し忙しく感じることも多いですが、ゆとりをもって毎日を楽しんでいきたいですね。

たびたび再び

来月の末に閉店が決まってるドライブインに再び。 気のせいか人の多さはあるもののやはり全盛期には及ばないようで。。。 ツーリングのバイクや、レストランで食事する人たちがちょこちょことおられ思い思いに休息されていました。 やっぱり寂しいですね。

暮れなずむ街に

ごきげんいかがお過ごしでしょうか。 すっかり秋めいてきて日も暮れるのが早くなってどこか切ないながらも美しい季節が続いてます。 突然の通り雨に打たれてびしゃびしゃになって乾かすべく少し歩いてみようと見つけたワンシーン。 一日の終わりと明日への楽…

summer lands

毎日暑い暑いと思いながらも明後日からは9月。 こうなってくると8月、夏が通りすぎるのは悲しく寂しく思いますね。 今年はコロナウイルスの影響で例年に比べてまるで動く量が減ったわけですが、その代わりに今までの夏がいかに楽しかったかなんて改めて思…

そこにノスタルジア

長年自分含めさまざまな人に愛されてきたドライブインがこの秋で閉店します。 海水浴客や釣り人、長距離バスの休憩所として数多の人生に寄り添った場所。 無くなるのは寂しいですがこれも時代の流れ、そしてコロナウイルスの弊害。 良きも悪きも世の中はアッ…

ほんの少しの

お盆が終わりました。 今年は帰省とか混雑とかに全く縁のない日常って方が多かったと思います。 目に見えないほど小さな存在にてんやわんやと世界をひっくり返されて、まさか今年がこんなことになるなんて去年は思っていませんでした。 例年とは違う五山の送…

ウェインライト

あれよあれよと8月ですね。 梅雨も明けていよいよ夏が真っ盛りで、さぁどこへ行こうかと画策していたらまたもやコロナウイルスの脅威。 好物としましては田舎や人里はなれたところに行きたがるので、自分が陰性だという確証もわからないまま行くのはどうか…

レインレイン

もう二度と梅雨は明けないんじゃないかと思いたくなるほど連日の大雨。 梅雨入りは早かったので明けるのも前倒しかなって思いきや今のところそんな気配は微塵も感じなくて。。。 少しくらいはゆっくりと寄り添えるそんな景色にと思えどコロナは予想どおり第…

そっと、

夏至も過ぎてまだ実感はないながらも日没時間は早くなっているようです。 梅雨の中休みといえる美しい夕景に次の旅先はどこにしようかと密かに考えていたり。 ようやくうちにも給付金の10万円が入りました。 さてさてどうしようか。

夏至の日に

一年で最も日中が長い日であり、この日を境に少しずつ少しずつ夕闇の時間の訪れが早くなる少し寂しい日ですね。 しかも今年は月蝕であるということでなんと300年ぶりの出来事だとか。 コロナ自粛で一日がどんなんだったか分からなくなりそうになっても暦は止…

再開!!

6月になり自粛が明けまして、ようやくささやかながらウロウロできる感じです。 それでも梅雨入りしましていきなりコンディションはハードですけども写真を撮れるのは楽しいです。 少しずつ少しずつ自分達の日常に帰ることができればと。

スリーピング

そろそろどこか行きたいなという思いがパンクしそうではありますが、なんとかグッと堪えて日々を刻んでおります。 出歩くのは近くを散歩するかそのついでのコンビニかスーパーと至ってエコノミー。 どこも行けないと嘆くよりも今は自粛が明けたときにどこに…

祭の日の一景

例年なら端午の節句のこの季節は神輿が町内を練り歩き、子どもたちや大人のかけ声があちこちから聞こえるそんな祭の日だったんですが、今の情勢ではそうもいかず。。。 それでも年に一度しか表に出られない神様も外に出ないと可哀想で。 境内を一周するだけ…

それでも世界は

4月は本当になにもしてませんでした。 というより出来なかったです。 自分の住まう京都も遂に緊急事態宣言が出て、自分の身体はなんの不調もないのに「なんで出掛けたらダメなのか!?」と当初は思ってましたが、そういう問題じゃないぞと。 今はまだ大丈夫…

命揺らせ 命揺らせ

いよいよ緊急事態宣言が発令されるそうです。 幸いなのか京都は対象から外れていますが予断は許されませんね。 車を転がして一人山の中へ。 誰もいない、聞こえるのは風の音と鳥の声と完全なる静寂のなか今日もまた生きます。

ニューリアライズ

なんというか毎日毎日不安を掻き立てるニュースばかりでさすがに疲れつつありますが、無情にも日常は流れていきまして今日もまた一日が終わりました。 件のコロナウイルスの関係でスケジュールが狂ったりしていつまで続くのだろうかと。 春はもうすぐそこ。 …

気のみ気のまま

怒涛の2月が終わろうとしています。 いやはや今月は本当にバタバタでした。 そんなこんなしてるうちに梅が咲きだしています。 まさに暖冬で車のスタッドレスタイヤはいまいち仕事がなくて不機嫌。。。 冬らしい冬がないまま季節だけは次に向かっていきます。

one of one

遅れ馳せながら2020年になりましたね! あけましておめでとうございます。 お正月は例年通りのスタートでして、来年以降もこんな落ち着いた日々が過ごせたらなぁと密かに思っています。 今年も色々なところに足を運びたいですが、やはり地元を大切にして一分…

missing

矢のように時は過ぎ去り早くも年末は大晦日ですね。 今年は個人的に挑戦したことがあって、それが少しずつほんとに少しずつ形になってきています。 まだまだおそらく人生は続いていきますがとりあえず行けるところまでいってみたいなと。 来年はどんな一年に…

一気に寒くなるのかと思いきやそんなことはなく、雨が降るのかと思いきや晴れて。 挙げ句の果てには大望がまた発生したようですね。 自然に翻弄されながらも今年も紅葉に出会うことができました。 桜にしてもそうですが、毎年思うのが「来年もここに帰ってこ…

夕闇の前に

行動するスピードはそのままなのに、日暮れが早くて「あれ?もしかして今日動くの遅い?」と錯覚せずにはいられない今日この頃。 5時ならもう闇に片足突っ込んでるようなものです。 そんな季節に翻弄されながらまだまだ冬はこれから。。。

季節は過ぎ往き

11月になりましたね。 あれほど長かった日中もいつのまにか暮れるのが早くなり、これまでならヘッドライトを点けなくてもよかった時間や場所もいつのまにか無意識にライトのボタンを押しています。 暮れ往く街はいつも通りに見えますが、太陽のある時間が…

Shapes

あれよあれよと久々になってしまいました。 気がつけば10月で、あれほど夕暮れがのんびりしていた日々も遠くに過ぎ去って、18時にもなれば暗闇に包まれる忙しない季節の到来です。 不安定な天気が突然やって来て、何食わぬ顔で過ぎ去りながらも確実に爪痕…

ネクストドア

頭を垂れるあれだけ多くの稲穂もバリバリと一瞬で刈り取られ次の場所へと旅立ちました。 台風や大雨にも負けずに秋を迎えられたことにホッと胸を撫で下ろされたのではないでしょうか。 それでもあれだけ賑やかだった田園も全て刈り取られるとどこか寂しかっ…

インサイドアウト

秋が近づいてきたなーなんて思った矢先のこの猛暑。 京都は本日37℃だったようです。 もういいだろうと思いかけたエアコンや夏物はまだまだ使い続けることになりそうです。 見上げた栗の木は少しずつ実り始めて、確実に確実に秋を目指しています。 夏が終わる…

インストゥルメンタルスクリーン

唐突に訪れるゲリラ豪雨。 ここ最近の京都は毎日雨予報で、それも精度はほとんど確実でしてなかなかそれはテンションが下がることもありますね。 そのかわりに刻一刻と秋の予感を感じさせます。 体感も涼しくなった気も。 季節の移ろう瞬間は美しさと寂しさ…

盆回り

あっという間にお盆も終わってしまいましたね。 楽しい時間、穏やかな時間は気が付けば遥か後ろに過ぎ去っていて。 また心機一転と頭では思うものの、身体がもう少し休もうかと甘えてきたりします。 お盆なんて関係なく仕事だったという方もたくさんおられま…

セパレートゴーン

あれよあれよと一ヶ月と開いてしまいました。。。 本当に忙しかったなんて言い訳にしかなりませんが、とりあえず今日も無事に活動できています。 夏真っ盛りで暑さはいよいよ夏の本格的なものとなってきました。 そしてお盆ということでちらほらと夏祭りも開…

光の差す方へ

久々に青空や太陽と再会したような一日でした。 蒸し暑さは控えめに照りつける日差しが暑いという夏さながらの天気に梅雨明けかと誤解しました。 京都は雨の被害は大丈夫でしたが九州の方は甚大な被害が出ているようで。。。 ちょうど一年前の京都も西日本豪…