読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

路地裏から哀愁の京都へ

京都の裏手から田舎の懐かしい景色を中心に撮影しています。

道の外れの集落を

府道を走っているとときおり結構離れた場所にちょこっと 家々が並んでいて集落を形成しています。 手前の畑はあのお家の方々のものなのかとか それとも府が管理しているのか、いやいや整備されてるし。 などなどイメージは湧きますね。

とあるバスストップ

僕の好きな無機質な存在シリーズ。バス停。 一日に2,3本とかざらで、休日ともなるとセンターに 連絡を入れる必要があるという田舎あるある。 それでも屋根はあってベンチもあります。 ということは利用者がおられて管理者もおられるということ。 温かいじゃ…

とある校庭にて

アンバーを加えて暖かさを演出してみました。 ここはドライブイン横の昔は学校があったであろう敷地。 今は体験施設として活用されているようです。 木造校舎や古き良き建物が無くなることが多い中 いろいろな方法で残していってもらえるのは嬉しいです。 そ…

そっと木

橋の脇には何の変哲もない木が… 桜なのか銀杏なのか紅葉なのか詳しくはわかりませんが とりあえず今はシーズンオフの様子。 陽は当たれどいかんせん気温が上がらないので 雪さんはしばらく居座る模様です。 ドシャッと一発積んでみようという概念。

モノクロームな演出

ちょっと場所を移そう。ということでかやぶきの里周辺に。 せこい話ではあるが雪祭りや雪イベントなどでこの時期は 駐車料金を徴収されるので要注意です。 そんな私はそこからもう少し奥の集落へ。 モノクロ設定で撮りましたが、雪景色・コンクリート・電柱…

高架線

今朝も近隣をウォーキング。 個人的な話になりますが僕、鉄塔や灯台や風力発電といった 無機質でさりげなく人の生活を支えてくれるものが好きでして。 何年か前に深夜ドラマで『鉄塔武蔵野線』を観たのも大きいです。 この高架線はどこに向かうのやらと小さ…

雪のなかの橋

もちろんのように雪景色ですよ。 それでも毎朝雪かきしてくださってありがたいかぎりです。 いつもの川に足を運びカメラを構える。 こんなに寒いのに凍ることなく流れ続ける川。 小さな集落では欠かせないものなので 雪かき含めて大切なものです。 ある全景

一瞬は蒼天

現在はみぞれまじりの雨がゴーゴーと降っています。 朝起きて散歩しているとこんな感じに。 早起きは三文の徳ってこんな感じなのでしょうかね。

たまにはいつもの河川敷から

今日は気温も高く暖かいですね。 久々に京都市内に戻ってまいりました。 また日曜日にお得意の京丹波に戻りますが。。。 天気も良く散歩している人や遊んでいる子どもたちを見て なんだか平和な週末ってやはりよいなと再認識しました。 そっぽをむいています…

とある川に再び

ここも雪がいっぱいでした。 ここの川のある集落は本当に山奥で携帯の電波も危ういくらいのとこ。 それでも桜が奇麗で、のんびりながらも確実に同じ京都です。 田舎で育ったというのも強いですがこここそ僕の原風景だったりしますね。 一日のうちに取りに来…

少しの切れ間から

当然のように雪が降りまして積もりました。 寒い時は車との寒暖でレンズが思いのほかダメージを受けたりします。 そんな一日の終わりをスッと溶かしてくれるような太陽が。 すぐに日は暮れて寒さは増しましたがなんだかいい気分ですね。 大胆なる着色加工。…

木々の間を抜けて

土曜日と日曜日は東京に行ってきました。 人の多さに相変わらず焦ったりしましたが 渋谷駅近辺でも少し路地に入れば喧騒が嘘のような静けさで。 特に雑居ビル、いい味出していますね。 そして帰ってきたホームグラウンド。 今の寒さだと確実に夜が明けたら積…

丘の上の公園にて

雪が降る前に京都市内にカムバック。 めまぐるしく天気が変わりますね。 ここの公園はお寺の前にある広場でして 昔は町内会の運動会などが催されていました。今はどうなのだろう。。。 平日のお昼は自分のおばあちゃんや友達が集まってゲートボールを。 懐か…

かすかな色づき

雪もかなり融けたので行動もしやすくなりましたね。 近場に足を運び嵐山の高台から保津川を見降ろす。 手持ちのレンズの浅さでどうも立体感が出せなかったので ビビッドでかなり矯正しましたね。 写真向かって右側にトロッコが走っていればよかったのですが …

スノーイングアウト

またもや山にカムバック。 山陰本線は乱れておりました。山に行くに従って… 雪が止んでよし写真撮り行こうと思い立ったら吹雪。 太陽が出てきて雪の反射でよさそうなのが撮れると思いきや吹雪。 やはり自然さんにはそう簡単には勝てっこないですね。 川はま…

お店の池にて

今日の京都市内は起きるや否や銀世界。 女子駅伝もとても京都市と思えない世界での熱い戦いでしたね。 カメラを片手に出かけようにも車は無理であえなく歩き。 ここはとある料亭の敷地内の池でございます。 小魚が泳ぎぽつんと木の葉が浮いているという なん…

路地の木

下山しましたね。 そしてとことこと嵐山へ。相も変わらず路地へ。 渡月橋を少し西へ進んだところでカメラを構えました。 ほぼ間違いなく道の真ん中に突っ立っていて便利ではないこの木。 それをあえて伐採などせずに生かしておいてあげるのも京都ならではか…

雪の轍

滞在するやいなや雪です。 スタッドレスを履いた采配が成功です。 畑の様子を見に行ったのか軽トラと思しき轍が。 真っ白に染まった畑は幻想的で悪くないですね。 ただしかし寒さが堪えます。 28.5センチの足跡

光が灯る家々を見降ろす

少し高台にある中学校。 家々というほど大きな集落ではないですが 今日も一日が終わるのだとなにげに思いました。 田舎にある小学校や中学校は授業中や部活動以外の時間は わりかしオープンにしてあります。 そして見ず知らずの自分にも頭を下げて挨拶もして…

霧と果樹園

朝の寒さが厳しいながらも案外晴れたりするのが田舎ではよくあることです。 しかし今回は午後から大雨、今年初めてですね。 ですが濡れた地面にコントラストを濃いめに設定すると 意外と相性の良い瑞々しさが得られます。 雨降りだってたまにはいいものでは…

いつもの河川敷と圧縮した風景

もはや自分の庭なんじゃないかというくらい行きついている桂川。 日曜日から冷え込み天気も崩れるので写真は撮っておきたい。 そしてこの時期は露光やシャッタースピードに関係なく 寒さでただ単純に震えて手ぶれします。 気をつけないと。。 ネコは溝にて待…

廃校なるもの

ここはかつての和知第2小学校。 ちなみに自分の親父の母校なのですが、 もう10年以上前に廃校となりました。 かつてはそれはそれは立派な木造校舎が残されていたのですが、 京丹波縦貫道の土砂置き場としてそのスペース確保のために 3分の2ほど潰されてしま…

とある朝の釣り人

川の流れは穏やかで自分は釣りにはそれほど詳しくないのですが なにやら魚はちょこちょこ釣られている様子。 美山、京北あたりでは簡単に道から川に降りられます。 写真を求める自分と釣り人がバッティングするのはよくあるパターンです。

ハロー酉年

さてさて正月休みも終了。 うかうか休んでばかりもいられない。 改めましてあけましておめでとうございます。 本年もご多幸な一年でありますよう願っております。 またこの日記にお付き合いいただけると幸いです。 お正月はずっと天気がよかったので写真日和…

グッバイ申年

いやはやちょっと間隔が開きましたね。 恒例の忘年会や大掃除などでバタバタとしていました。 それもまた幸せなのかもしれないですね。 昔の写真とか出てくると面白いです。 そんなこんなで10月くらいから始まりましたこの日記も 今年はこれで最後です。 拙…

無人駅の優しさ

ここは山陰本線の下山という駅なのですが 国道から少し外れた無人駅なんですね。 僕がここに着いたときに運よく電車が来たのですが 乗降客はいませんでした。 それでも待合室は奇麗に掃除してあり お花だって駅を彩っています。 その日はもしかしたらお客さ…

国道沿いのバス停にて

先日の里帰り、前々から気になっていたスポットに。 一日に4本ほどと非常に少ない本数ながらも こういう風にベンチが並んでいるとほっとしますね。 まだ日陰には探せばありますね。紅葉。

とある休日に

平日のお昼間の西京極球場が好きですね。 部活かなにかでコースをジョグする方々、日向ぼっこする猫。 そして自分みたいに特にあてもなく歩く人々。 師走の忙しい毎日にちょっとブレイクですね。 そんな本日は冬至。

見上げた堤防にて

わりかし暖かな月曜日でした。 もうすぐ今年も終わってしまいますが こういい天気というのはなにか珍しい気分にもなります。 それでも週末にかけて崩れるようで。。。 散歩が気ままにできなくなりますね。 今日の猫。

田舎の夕景

日曜日は京丹波町の田舎で作業をしておりました。 日中は本当に暖かくて上着を脱いでロンTで畑仕事していました。 しかし冬至の手前、暗くなると一瞬で冷えます。 そんな寸前をホワイトバランスをアンバー強めに調節して撮影。 少しは温かい感じになったの…

散歩道より

久々にいつもの散歩コースを闊歩してきました。 まぁ4日ほど開いたところで劇的に変化というものはありませんが、 島根県の江の川の河川敷を歩くのとではやっぱり気持も違いますね。 また比較的暖かい日というのもよかったです。 久々の旅が終り、さてさて次…

京都、帰ってまいりました。

ご無沙汰です。 3泊4日の山陰地方の旅から無事に帰還です。 寒さはマシだと思う一方で、出雲市と出雲横田駅での大雨には 結構風邪の心配をしました。 それでもいい写真いっぱい撮れました! ただこの日記は京都がメインなので果たして公表なるか。。 それよ…

河川敷ウォーキング

もはや歩くのはルーティーンと化している今日この頃。 このいつもの公園にはきれいな花がいつも咲いています。 この日もボランティアなのか土地の所有者の方が 菜園にて収穫されていました。 僕としては素晴らしい風景をありがとうございますと思いました。 …

とある昼下がりのいつもの公園にて

すっかりイチョウは散ってしまい、下に積もった金の絨毯は 奥のごみ袋にまとめられました。 いよいよ冬がやってくるんだなと思わずにはいられない。 冬の物憂げな風景も好きではあるので複雑ですが やっぱり寒いのはいかんせん仕方がないです。

鳥居を際立たせる彩

本日から嵐山では花灯篭なる催しが行われたそうで。 いたるところに灯篭が設置されていて暗くなると これが一気に奇麗に点灯して嵐山を彩るのかと。 それとは少し離れた端の神社への入り口にある 鳥居もさりげなくいい雰囲気にでした。 文字が逆に!

南禅寺の水路閣と紅葉

水路閣の普段歩ける部分は残念ながら工事中だったのですが 下から見上げるだけでも十分にその色づきは味わえました。 さすが名所だけあって混雑はしていましたね。

旬の知恩院さんにて

これは見ごろの知恩院さんへ足を運んだ際のものですね。 御覧のようにすごい人だかり。 さらにすごいのがこの人だかりを分け入って マイクロバスが侵入してくること。 やっぱり京都はすごいです。

夕暮れを迎えて

嵐山の渡月橋を渡り、西に向かうと このような灯篭が等間隔であり、そして点灯いたします。 一仕事終えた屋形船と夜が始まるこの感じが どことなくマッチしていると思いました。

茜空とその紅葉 and more

嵐山というところは東以外の三方向を山に囲まれております。 なので日没が思いのほか早いです。 この日の日没は5時くらいかと踏んでいたのですが 4時半ごろからじわじわと闇に。 慣れている場所でもロケーションは把握しておかないとだめですね。 話は変わ…

河岸の1景

この時期の京都の観光客の方々の多さは日本随一じゃないかと。 この日はお客さんを船に乗せては目的地に行き、 引き返してはまた乗せるというピストン輸送をされていました。 本当に力強くて頼もしいとさえ感じましたね。

彩の嵐山

先日嵐山に行った際のものですね。 赤や橙に色づいた山々と観光客を運ぶ遊覧船。 人は本当に多いですがこういう場所が 近くにあるというのが本当に誇らしいです。

とある木の下で

昨日の雨でやられたのか木々に掴まっている葉もさみしくなってきました。 見ごろを迎える紅葉と地面に落ちた銀杏の葉を比べながら 写真を撮るのはなかなか楽しいです。 いよいよ今年も残り僅か。。。

ゴリラ あくびをする

ちょっとピントが浅いですね。 動物園でもここは割と人だかりがありまして、 なにかとおもいきやポーズをとっている彼が。 腕を組んでガラスの前にて微動だにしないサービス精神旺盛さ。 何となくですがこのゴリラの彼は 人間のことが分かっていると思います…

寒空とフィッシャーマンズ

天気こそよかったですが寒いというのが最近の傾向。 今日は東の空は晴れていましたが西からどんよりした雲が。 虹も見れたので写真に収めようと思ったのですがあまりに薄い虹で。 それでも今か今かと魚が掛かるのを待つ方々にほっこりと。

今日の猫

いやはや、パソコンの状態がちょっと不調でしたね。 寒い日が続きますが微かな日差しを求めて鎮座する野良猫。 よくカメラ片手に赴くスポットなのですが かならずといっていいほど 猫がおられます。

圧倒され

今日はずっと雨でしたね。 なにか久々な感じもしますねこんな天気も。 引き続き動物園の写真を。 PLフィルターを使ってなるべく反射を抑えたつもりが まだまだ残っていました。 イメージとしまして、トラの圧倒的な風格に お子さんが見とれているというカ…

なにか?

先日京都市動物園に行ってきました。 おじいちゃんとおばあちゃんを連れていき ゆっくりと園内を歩き回りました。 いい思い出になりましたね。 そこでいたのがこのミミズク。 何かご用ですか? といわんばかりのカメラ目線をいただきました。

大野ダムと紅葉と山々

驚異的な寒さでしたね。 いつだったか極寒の中写真を撮っていて寒さのあまり 手ぶれが異常というシチュエーションを思い出しました。 これは先日の大野ダム@紅葉祭。 ちょっと人波から離れてさりげなく写真を撮りました。

極限の配置

一気に冷え込んだ今日の京都市。 雪が降るとなると僕の好きな京都府北部への旅が難しくなりますね。。 そんなことも考えながら構図の練習をしていました。 左隅以外を芝にする大胆ですがここまで引かないと 架線などが入ったのでここは思い切っていきました。

河川敷の公園で

たまには紅葉以外の風景にも。 桂川沿いにはこんな感じの休憩所が多くありまして 日中はお年寄りの方々が友人と談笑したり それこそ写真を撮っていたりと、 なんとなくいいかんじだなぁと