路地裏から哀愁の京都へ

京都の裏手から田舎の懐かしい景色を中心に撮影しています。

京都府

smokey dada

一日中の雨で気温もグッと下がって完全に秋の様相。 週間予報を見るとテンションも下がりそうですが 季節の変わり目でひょんなことから体調を崩すので なるべく前向きに捉えていきたい。 行きたいところは多々あるので今はそのための準備ですね。 しかしよく…

ローカルシガレッツ

朱雀公園近くの写真展の帰りに見つけた 昔から営業していそうなタバコ屋さん。 あまり馴染みはないのですが、ガラス窓がガラガラ開くタイプの タバコ屋さんの雰囲気はなんとなく好きです。 買っていかれる方を偶然見つけたので営業中の模様。 天気が意外と大…

三条に参上

天気が崩れると聞いていながらもそこまでではなくて 遠くの空には青空さえでていてこれは嬉しい誤算。 千本通り三条から堀川通りまで貫く三条商店街、通称三条会。 お昼時は人もまばらですが肉の名店もりたなど絶賛営業中でした。

草むらアニマル

週間予報は怒涛の湿りがちな予報で。。。 頻繁に歩く道をあえて遠回りした河原でなんとも 寂しげな馬とゾウがいました。 今はきっと草が生えていて近寄れないだけで 草さえ刈ってもらえればまた誰かが遊んでくれるでしょう。 そう願いながら家路につきました…

ある船の音像

久々に嵐山へ。 これから山の木々の色が変わってくると足繁く通うことになりそうです。 観光客の方々は当然多いですがみなさん楽しそうで 京都の人間としては嬉しかったりします。 そんな保津川の遊覧を終えた船が上流より戻ってきました。 これが再び亀岡の…

ガードバイク

連休の最終日、快晴といえる日和でした。 気温は30℃を越えていたようでもはや夏ではと錯覚。 そんな一日の終わりにカメラを持って歩いて 無造作にガードレール近くに置かれた自転車を。 おだやかながらしっかりと差す夕日にまた思いを馳せて。。。

茜空は今日も

気温がぐぐっと上昇して初夏みたいだと錯覚した一日。 国道は車が多く運転も気をつけないといけませんね。 目的地へショートカットに使う道で夕暮れが綺麗だと気付き 振り返ったのがこの一枚です。 田園は早いもので刈り取られた後の草が伸びてきて この太陽…

水の流れに

長く降り続いた雨は上がって、虫が飛び交い始めた昼下がり。 夕方に再び曇天になりましたがなんとか降らずに済みました。 集落内を流れる小川には猿が落したのか自然に落ちたのか わからない栗や柿が何個か転がっていました。 秋は深まります。 また良き日を…

ひっそり灯台

大雨な一日。。。 正式な名称はわかりませんが、望遠をフルに伸ばして なんとか捉える事ができた灯台とその灯り。 3連休なので少しでも好天が続いたらいいなと思います。 しかし急に寒くなってなかなか体調の管理が難しくて 本当に気をつけなければいけない…

金木犀は今年も

僕の乗っている車のカーナビは少し更新が滞っていまして 昔あったお店や道が未だに残っています。 ここも国道沿いにあったドライブインですが 結構昔に閉店し今は金木犀と桜の木が脇を固めています。 営業していたころからこの金木犀はここにあったのかと 色…

鉄塔はただただそこに

国道からも見える周りの民家とのアンバランスから 幼いころより異色の存在だったこれ。 確実に京丹波町の電気を供給する重要なポジションで いつか写真に撮ろうと思っていても後回しに。。。 そして地元に氏神さまがあったことを知ってようやく撮れました。

花とバス停

雲が晴れたのですっかりと晴れた天候に。 彼岸花は咲いている所とすっかりしぼんだ所がちらほら。 桜にしてもそうですが花にも長く咲くものから その一瞬に美しさを集中したかのようなものまで様々。 どちらも美しいけども咲いている間は好天が続けばなぁと…

雨中にやってきた彼

大雨のなか田んぼの畦を闊歩する一羽のサギ。 草刈がおおよそ進んだので虫を狙いに来たのか それとも田んぼの虫を捕まえに来たのか。。。 ちょっと望遠が物足りないので寄ってみたら 颯爽と飛んでいってしまい 食事を邪魔してしまった気分に。。。 また来て…

scenes

おだやかな昼下がりの午後。 いい天気の下でゆっくりと時間が流れていくような素敵な光景。 なんとなくこんな時間がずっと続けばいいなと 思っていますが今週は天気がイマイチなようで。。。 マイペースにゆっくりと。

歩みを止めて一枚

田畑や田園が桂川沿いに集中している地域で、 過去に水が増えて被害がでたこともあります。 それでも翌年には稲が育ち彼岸花も咲きました。 やっぱり自然には敵いませんが、再生する力を 備えていることを忘れてはいけません。 いい天気でした。 10月に突入!…

Train Crossing

晴天が続いて涼しくもありとても過ごしやすいです。 いよいよ9月も終わりが近づき衣替えもしないと。。。 10月を迎えるにあたっていよいよ2017年も100日ないと思うと 時間の流れって本当にあっというまだなぁと思います。 そして同じく早いものでこの日記も…

放置イス

畑の横に置いてあったデスクチェアー。 損傷がそんなになかったのでもしかしたら休憩用にあるのかも。。。 雨予報が覆って太陽も顔を出してくれた一日で 畑作業やサイクリングをする方々とよくすれ違いました。 穏やかなまさに秋の空です。

霧のち雨

稲穂も刈られましてお彼岸の翌日は雨模様に。 霧が出ている日は晴れるという説があるのですが雨です。 来週の最高気温を見たらかなり低くなっていたので いやはや10月になるとさすがに暑いとは言ってられないか。。。 なんとも不穏な空。。。

枯木の俤

いい天気の突き抜ける青空と、残念ながら枯れてしまった栗の木。。。 陽が当たっているように見えますが昼過ぎから目の前の山と 杉の木の影に入ってどうやら日照不足の様子です。 植物の世界にも盛衰はもちろんあってかつての収穫は昔のお話。 例の山と杉の…

秋の空は天高く

突き抜けるような快晴で、 暑さ寒さも彼岸までを体現するかのような暑い一日に。 彼岸花もあちこちに咲き始めて 稲も刈り取られていない場所が増えてきました。 いよいよ秋の味覚とともに季節が移ろうのでしょう。 ちなみに彼岸は26日までをいうことを 夕方…

赤影の夕暮れに

お彼岸の最終日は夏を感じるような晴天でしたね。 鳴いている虫が少し違っていてやはり秋の感はありますが 夏がわりかし好きな自分としては嬉しい気もします。 そして夕焼けも美しかったのでまた晴れるでしょう。 車も途切れてなんとなくいい感じに。。。

お彼岸の彼方に

お彼岸に合わせてくるように咲いた彼岸花。 田畑の畦道にばかり咲くのは球根になにやら理由があるようで。 京丹波町は彼岸花があちらこちらに咲いていますが、 まだまだこれから増えそうです。 短い時期に咲き誇るので個人的に好きな花です。

石畳とその空に

雨は大丈夫と聞いていたのに降られてしまいましたね。 それでも彼岸の土日は予報が変わって天気よさそうなので 田舎に帰って色々できそうです。 夏は終わってしまったなぁとか言っているあいだに もう早くも来週末は10月という流れに時の早さを実感。。。 た…

栗の日

先週の台風に負けずに実った栗。 左側の栗はイガこそ耐えたが実が落ちてしまっていました。 いやもしかしたら動物の食事と化したのかもしれません。 緑のイガもちらほら色が変わってきて秋が本格化なのかと。。。 落ちながらも成熟してくれた栗。

雨上がりの側道から

雨はまだ大丈夫だろうと油断している時こそ降るもの。 ちかくに運よくベンチがあって通り雨をやり過ごして さて行くかと歩きだしたときの風景ですね。 葉っぱが散ってまた次の芽吹きに備える、 そんなこんなでマイペースにやっていきたいですねぇ。 雨風が来…

ふと来た道を

昼間の昼食時、道を歩いているのは自分一人で。 それでも開いている窓からテレビの音となにやら焼いている匂い。 田園風景を横にゆっくり歩いてみるのも悪くないと思いました。 それにしてもまだ暑さはありますね。

草の道

トンボが多く飛び交うサイクリングロード。 御覧のように草は太陽と雨を受けて盛大に育っています。 これが刈られるころ、色が変わるころには本格的な秋かと。 そしてこのあとスズメバチと遭遇してしばらく絡まれました。 そして先日の台風による大雨で京丹…

霧の木

台風はこの時間はようやく通り過ぎたようで。 10時ごろに携帯電話の避難勧告アラームには驚きました。 夜だったので被害の全容はわかりませんが極力少なくなるように。。。 ここの場所は霧が濃くかかりやすいので水墨画のような景色になります。

see to sea

台風前夜の京都はずっと雨が降っていました。 近年稀にみるほどの威力の台風のようで 出かけるのも注意が必要ですね。 今年は雨の被害が多いのでなんとかスッと抜けてほしいところです。

その目つきは鋭利だった

日陰でゴロンとしていた猫さん。 近づいても逃げることなく撫でても全くおとなしくて 行き交う人たちにちょいちょい相手してもらっているんだろうなぁと。 しかしカメラを向けてシャッターをきるとこの眼光です。 厳つさをキメているのか、はたまたこれが真…