路地裏から哀愁の京都へ

京都の裏手から田舎の懐かしい景色を中心に撮影しています。

南区界隈

雨はただただ強く

久しぶりに京都に台風が直撃したような印象。 夕立が続いていたので雨は久しい感じではありませんでしたが やはり風が強くて、駐車場のコーンなども片付けられていました。 なんとかピークは過ぎましたが、今回は雨がメインの台風ですので 皆様も外出にはお…

快晴なり

猛暑日ながら突き抜けるような晴れの日。 梅雨明け宣言に呼応するように久々に雨も降りませんでした。 Jack Johnsonなどを聴きながら散歩したくなります。 いつも歩いている河川敷のこの木もどことなく 緑が映えていたような気がします。 変哲のない木のシル…

各々の鳥たち

ひたすらニューレンズの実験と練習。 なるほど確かに望遠は効きますがピント合うのが遅いなぁと。 露光を下げてシャッタースピード上げようかなど ぶつぶつ言いながら歩いています。 そんな横を鳥がバサッと羽ばたいていきました。 せわしなく土を引っ繰り返…

ハニワン

久しぶりに雨に降られなかった気がします。 そんな今回は新しいレンズを実戦に投入しました。 荒馬みたいなレンズですが慣れたらそれはそれは強力かと。。。 そしてこちらはハニワのような水を汲み上げる装置。 水道や用水を使う昨今ですがこの手の懐かしい…

twisted tree

遠くの空で稲妻が走り、弦を思いっきりチューンダウンしたような ベース音さながらの音が聞こえてきました。 祇園祭の設営が始まりなにか梅雨の終わりが近く感じます。 しかし短時間で大雨→晴れるというこの気候、 油断も隙もありません。 つかの間の彩光で…

ガードの下から

頻繁に車や自転車が行き交う抜け道。 よそ見をしたら車が来ていて焦るという 地味に危ない交差点ではあります。 暑い日の中ですがこのトンネルの下は やはりどうも涼しくて一安心です。

なんの塔

わずか2日にも満たない悪天候ながらも なんだかずっと続くのではないかと思わされた。 夕方は青空と夕空が見えました。 帰路に就いた目に入ってきたのはいつもの塔。 使用用途は本当になにかわかりません。 拡大しても不明なものは不明。。。

遊歩道 with 虫

夏に向かって草が生い茂ってきました。 と同時にあの集団で人の顔の前に群がるあの例の虫、 あれがなかなか手ごわくて。。。 無意識に口を開けていようものならもうカムインです。 しかし気温の上下が大きくて体調管理が難しいですね。 降りる気分じゃ今日は…

気候は流れて

朝方に降り続いた雨も上がり天気はよくなりました。 また夕焼けも見えてこれから天気がよくなるのかななんて。 しかし雨や晴れを繰り返して暑さは上昇し続けて やがて外出するのにタオルが不可欠な日々が始まります。 自分はすでに首にタオルを巻いておりま…

eric.w

今日も今日とて家路へ。 今日で退職や転勤ということで送別会が多く行われていました。 いや、中に入っていないですがそんな雰囲気の方々がちらほらと。 環境が変わっても会いたい人ややりたいことは多いもので。 でもそんな生活にも徐々に慣れていくので不…