路地裏から哀愁の京都へ

京都の裏手から田舎の懐かしい景色を中心に撮影しています。

南区界隈

ガードの下から

頻繁に車や自転車が行き交う抜け道。 よそ見をしたら車が来ていて焦るという 地味に危ない交差点ではあります。 暑い日の中ですがこのトンネルの下は やはりどうも涼しくて一安心です。

なんの塔

わずか2日にも満たない悪天候ながらも なんだかずっと続くのではないかと思わされた。 夕方は青空と夕空が見えました。 帰路に就いた目に入ってきたのはいつもの塔。 使用用途は本当になにかわかりません。 拡大しても不明なものは不明。。。

遊歩道 with 虫

夏に向かって草が生い茂ってきました。 と同時にあの集団で人の顔の前に群がるあの例の虫、 あれがなかなか手ごわくて。。。 無意識に口を開けていようものならもうカムインです。 しかし気温の上下が大きくて体調管理が難しいですね。 降りる気分じゃ今日は…

気候は流れて

朝方に降り続いた雨も上がり天気はよくなりました。 また夕焼けも見えてこれから天気がよくなるのかななんて。 しかし雨や晴れを繰り返して暑さは上昇し続けて やがて外出するのにタオルが不可欠な日々が始まります。 自分はすでに首にタオルを巻いておりま…

eric.w

今日も今日とて家路へ。 今日で退職や転勤ということで送別会が多く行われていました。 いや、中に入っていないですがそんな雰囲気の方々がちらほらと。 環境が変わっても会いたい人ややりたいことは多いもので。 でもそんな生活にも徐々に慣れていくので不…