読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

路地裏から哀愁の京都へ

京都の裏手から田舎の懐かしい景色を中心に撮影しています。

岡崎公園

scene of 3

今回は南禅寺から岡崎公園にかけて編です。 修学旅行生や海外の方々など様々な観光客に どうやって物静けさを演出しようかと悩んでいました。 結局はあるがままにゴーでしたが。。。 インクラインの上の方ですね。 登り疲れて一息してました。 behind the mi…

岡崎公園は春深き

どうやらこの時期は遊覧船なるものがあるらしい。 「へーい!」と川から聞こえる陽気な声があるなぁと思っていたらそれ。 川岸から眺めるのももちろん悪くないですが 川から見上げる桜並木もまた最高なのでしょう。 シーユー roam theatre

並ぶ球体

路地に突然現れた謎のごろごろ。 固定されているので動きません。 酔っ払ってボールと思ってシュートでもしようものなら 足の甲は絶対に今期中の復活は望めないでしょう。 おそらく京都あるあるのいけず石なるものじゃないかと。 気をつけましょう。 そう、…

平安神宮前の紅葉

一気に寒くなりましたね。 しかも雨が降ったり止んだりしてまして行動しにくいこの頃。 ですがNHKのニュースでも紅葉の具合が取り上げられたりと いよいよシーズン到来を予感させます。 一気に冬に突入しそうですが。。。

東山二条のとある茶店前にて

豪雨に襲われた火曜日でしたね。 気温が一気に下がるようで紅葉も加速が濃厚です。 それとはちょっと関係ないですがとあるお店の軒先にあった 待合椅子と灰皿がひっそりと設置してあるのを見つけて こういうのいいなと。

岡崎公園の鎮座する招き猫

土曜日は時代祭を見てきました。 優雅な行列や衣装はやはり京都の伝統、素晴らしいですね。 整理が大変です。 この猫は岡崎公園のロームシアター横の茶店で待機しておられます。

平安神宮前のポスト

前ボケでちょっと霞んだ景色をイメージ。 丸型ポストはほとんど無くなりましたが、 レトロな物体を好む僕からすれば平安神宮よりも これが主役ですね。

琵琶湖疏水沿いより

岡崎界隈をなにかないかなぁとウロウロ。 美術館の脇を流れる疏水沿いにさりげなく彼岸花があったので ここぞとばかりに撮りましたね。 欄干の赤と花の赤色がマッチしました。