路地裏から哀愁の京都へ

京都の裏手から田舎の懐かしい景色を中心に撮影しています。

松尾 上桂

ある晴れた午後

桜はとっくに散ってしまってかつてそこに咲いていたことも 忘れてしまいそうですが春はまだまだ彩の季節。 ボランティアでしょうか空いた場所にチューリップなど 色々な花が植えられていました。 こういうのは本当に気付くと嬉しいのと感謝があふれます。 気…

fake tales of spring 2018

探してみるとまだまだありましたので これが春特集は正真正銘のラストです。 ひっそりとしたバス停と見守る桜の木 とある奥まった神社の境内。 あくまで静かにひっそりと。 大野ダムの桜です。 風があったので水面に反射という芸当ができませんでした。 spri…

百花繚乱

久々に足を運んだ場所です。 一足遅かったかかなりの花びらが地面に落ちていました。 それでも花は桜だけじゃないと言わんばかりに 菜の花がその存在を主張しているご様子。 京都は水曜の夜に雨が降る模様です。 いよいよお別れが近付いて来た感じもします。…

苔というもの?

びっしりと木のまわりに群生しているおそらく苔。 特段枯れている様子もないのでおそらく木にとっては 無害ではあると思うのですが。。。 そのインパクトと纏わりついた様子に面食らったので せっかくなので何枚か写真に収めました。 雨が降った翌日なので余…

またもや台風一過

2週続けての台風となりましたがまたも週初めは快晴で。 さすがに11月になれば台風はないとは思いますが果たして。。。 阪急電車に揺られて桂川沿いをウロウロと歩きましたが まだ色づきはそこまでという感じですかね。 それにしても一気に寒くなってもは…

リバーサイドにて

先週ぐらいまで寒いですなーとぼやいていたのにすっかり夏日に。 それに加えて、これまで生きてきて花粉症には縁がなかった自分が くしゃみと鼻水に泣かされるという今年の春の出来事。 例年以上に花の写真を撮っているので粘膜がキャパを越えたのかと。 そ…