路地裏から哀愁の京都へ

京都の裏手から田舎の懐かしい景色を中心に撮影しています。

当時は冬至

紅葉総集編をやっている間に冬至が過ぎていましたね。 これから徐々に徐々に日中が長くなっていくのですが 夜の寒さや空の透き通り具合からは想像もつかない。。。 そんなこんなで歩いた堤防は日差しこそ暖かかったですが そこは川沿い、風にとにかく吹かれ…

紅葉2017 ③

早くも紅葉2017はラストになってしまいました。 本当に本当に体調不良が悔やまれます。。。 過ぎたことをいっても却ってこないので 2017年の秋を心に刻みましょう。 ではいきます。 亀山公園より望む heart land 古民家 渡月橋とひょっこり紅葉 以上、今年の…

紅葉2017 ②

先日に引き続き2017年の紅葉を見ていきましょう。 水面に燃える 水上茶屋 クルージング road trippin`

紅葉2017 ①

ようやく写真の整理がまとまりましたので 予告通りの紅葉の写真を何回かに分けて。。。 一番見ごろの時期に体調不良をかましてしまったのが本当に悔しい。。。 嵐山を中心にいってみましょう。 桂川の南側から 秋の一景 鴨と紅葉 鳥居と紅葉と落葉

消防水利の横から

山々も杉の木以外はどうやら葉が落ちたようで まばら模様でなんともアンバランスな感じに。。。 写真に写っている井戸のようなものは 山火事などの有事の際に消防車が汲みあげるものです。 なるべく使いたくはないですが備えあれば憂いなしです。 上手い具合…

線路とその傍ら

日に日に寒さが増しているのは冬なので当然ですが 毎年思うのが「今年は特に寒いな」ですね。 確かに今年は寒いと思うのですがもはや風物詩。 例によって散歩の道中に見つけた山陰本線と柿の木。 動物すら口にしないところどうやらハズレなのか。。。 線路沿…

稲のあと、また来年に向けて

秋の収穫を終えた田んぼはこういう形になっていることが多いです。 残念ながら農業に詳しくないのでどんな効果をもたらすのかはわかりませんが よく収穫のあとは雀が残りを求めて群がっているのをよく目にしました。 その鳥たちもどこかに飛び立ち、冬の間は…

倉庫小屋

滞在もほとんど行程が終わりつつあって のんびりと過ごす時間が増えてきました。 夕暮れ時は歩くようにしていますが 冬至の前後10日が一番日が短いので 油断しているとすぐさま暗くなりますね。 住宅地の中でも少し離れると一気に 自分の好きな景色があっ…

twisted trees

綾部市は朝は霧が大変すごいです。 しかしそんな日は大概澄み渡った晴天になります。 もうじき冬至ですので夕方はあっという間に暗くなり 同じ時間軸でも急かされている気分に。。。 次の春までこの木々たちもおやすみです。 それにしても底冷えするのもなか…

雪どけた頃合いに

朝目覚めると銀世界で視覚的にも寒さはなかなかのものでした。 あちらこちらで行程を済ませる頃には道の雪はなくなり 畑にあった雪も土に染み込んでいった様子。 用水路と畑の間の畦道をのんびりと歩くことで なんとなく寒さも収まったような気がしました。

やがて雪に

京丹波町と綾部のロングステイですが ついに初雪にあいましたね。 晴れ間から太陽が顔をだしたと思いきや 雲がかかってくると一気に降雪です。 ピントが雪になったり背景になったりと 結構てんやわんやですが安全第一でやっていきます!

Monkey also

いやはや遂に天気予報も雪だるまマークが京都市内に。。。 そんな自分はしばらく京丹波町と綾部滞在なのでその影響は間違いなく受けるでしょう。 雪景色も期待できそうですがとりあえず安全かつ健康で。 そんな大雪の前に食料を蓄えようとしているのか 京丹…

寒さと温もりの紙一重

とにかく風が強くていかんせん寒かったですね。 火曜日の最高気温はいよいよ一桁みたいで。。。 これはほぼ間違いなく雪が降りますね。 それでも天気が良くて空気が澄んでいることと 山がまだまだ染まっているのでパッと見た感じには まだまだ秋の様相を感じ…

そこにはトマト

畑でも何でもないところから自生したトマトが 勝手に実をつけてそしてコロコロと横たわっていました。 自然のサイクルからして鳥がついばみ糞をして種が芽を出し 雨風とともにいつのまにかそこに成ったのでしょう。 やはり自然というものは面白いです。 並べ…

木と木

遂におとなりの南丹市美山周辺は雪が降ったとのこと。 これは年内に初雪が降る可能性高いですね。 それでも通りがかった道沿いにわりとまだ赤い状態の紅葉が。 すらりと伸びた杉の木と小さいながら色を放つ紅葉を 並べてみました。 どことなく火の鳥のように…

見上げた階段 シグナル

午後からはみぞれが降るくらいの冷え込みでしたね。 さすがに両手は無防備なので手振れの補正もギリギリです。 なんとか雨が上がった隙を狙って出掛けてみるも またもや時雨に遭遇して雨宿りしてまた時雨にあうの連鎖。。。 不機嫌な空模様となんとか上を見…

December fall

秋は深まるどころか行ってしまった感じもありますが 鉄橋沿いの木々には柿が多くなっていました。 僕の経験的に十中八九シブいものだとは思いますが まだまだ木にぶら下がっているのは秋の様相。 これからは一気に寒くなるのでしょうか。。。 他の果実もいく…

川沿いにて

朝の冷え込みは強烈でしたが日中は好天そのもの。 何の気なしにいつものコースを歩いていましたが あえて釣りに適した川べりに寄りました。 さすがに釣りをするには寒すぎでしたが 日差しと川の穏やかさにどこか温かい気分に。。。 鴨のみなさんもどこかのん…

ススキの穂は揺れて

一気に寒さが増してこれは夜が明けると 霜であったり水たまりは凍てついてるのではと心配になります。 本当にスタッドレスタイヤに変えておいてよかったです。。。 空は突き抜けた青ですが風が厳しくて ススキも右往左往していましたね。 ただピントを合わせ…

列車待ち

市内に帰ってきまして諸々の整頓を終えて ついにスタッドレスタイヤの装着をしました。 これからも京都府北部には足繁く通うと思いますので そして遂に京丹後市は雪の予報が出たため 例年よりも早めの装着です。 その後は二条駅界隈を歩きました。 いよいよ…

晴天とペットボトル風車

なかなかの晴天に恵まれた土曜日と日曜日。 日中の日差しは逆に暑さすら感じました。 行楽日和で国道は混雑気味で道の駅のパーキングも 少し離れたところに停めないといけなかったです。 その傍に畑とお手製の風車があったので一枚。 この様子じゃスタッドレ…

ベンチと紅葉

山々を見渡せばまだ色づいている木々はある模様で それでもずかずかと山に侵入するわけにはいかないので どこかにないかないかと探していると バス停のベンチの傍にひっそりと赤い木が。 木というにはまだまだ小さいですが自分を待っていたと 勝手に拡大解釈…

Red Hot!

時雨たり日が射したりとなかなか不安定な天気。 紅葉って面白いものでして同じ市内でも紅葉の木によって ピークが異なるので意外なところに色付いてることが多いです。 果たして師走に突入してあとどれだけ旅できるかわかりませんが 一枚でも多く、素晴らし…

ready to fall

ようやく嵐山に行けました。 しかしなんとかギリギリというレベルです。 それでもまだまだ色付いているところも多く 川沿いに関してはこれからが相俟って美しそうです。 しかし途中で雨に降られたのは予想外でした。 風邪ひいたらさすがに今回はマズイです。…

気ままにGO

久々に車を運転した気がします。 やっぱり紅葉はピークが過ぎ気味なご様子で。。。 あいにくの天気でちょっと薄暗かったのもありますね。 桜と違ってまだ長持ちしてくれるのは本当にありがたいですが もう少し、もう少しだけ色付いててくれよと願うばかり。…

day to day

かなり体調戻ってまいりました。 あとはこの一時間に一度訪れる鼻水をなんとかせねば。。。 リハビリを兼ねて夕方は散歩。 この日差しなら割と薄着でも行けるのではないかと思いましたが 河原の風は想像以上に冷たくて油断大敵だなぁと。。。 天気も崩れるよ…

寒さ小休止

上着の選択を間違えようものなら汗ばむ日中で。。。 水曜日の最高気温19℃にはさすがに焦りますね。 しかしそこから急降下する気温によってまた 体調に異変が来ないかとヒヤヒヤものです。 久々に河川敷を散歩してなんとも暖かい季節のような 一枚ができま…

路地裏をただただ歩く

体調も少しずつ回復してもう大丈夫かなぁと。 とりあえずライフワークは崩してはならぬと カメラ片手に意気揚々と歩きました。 知らぬところにも意外にも自分の好きな木造平屋が軒を連ねていまして。 完全復活して早く秋の写真を撮りに行かないと紅葉も終わ…

ハルカダ

珍しくハードスケジュールだったことと雨風を受けることが多くて 久しぶりに風邪を引いてダウンしていた土曜日。 季節の変わり目は注意しましょうと謳っておきながら体調を崩すのは面目ない。。。 近くの田畑では秋から冬に向けての準備がスタートしていまし…

アンダーザ首都高

先程京都に戻ってきました。 さすが東京!大都会でしたね。 内心銀杏の木がいい具合かなぁと思っていましたが 強風のせいなのか道に多く散らばっていました。 写真は渋谷で一番個人的に好きな歩道橋。 ぐぐっと坂を登っていくのが好きです。 スクランブル交…