読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

路地裏から哀愁の京都へ

京都の裏手から田舎の懐かしい景色を中心に撮影しています。

とあるバスストップ

f:id:goodmorningkids:20170205012512j:plain

 

僕の好きな無機質な存在シリーズ。バス停。

 

一日に2,3本とかざらで、休日ともなるとセンターに

連絡を入れる必要があるという田舎あるある。

それでも屋根はあってベンチもあります。

ということは利用者がおられて管理者もおられるということ。

温かいじゃありませんか。

 

f:id:goodmorningkids:20170205013020j:plain

 

いたってローカル。悪くない。