路地裏から哀愁の京都へ

京都の裏手から田舎の懐かしい景色を中心に撮影しています。

見上げるフラワー

早いもので2021年も半分ですね。 3月まではわりと希望というか、行きたいところや予定に満ち溢れていましたが最近はどうも不透明すぎてどうしたものかと。 こればかりは自分の努力でどうにかなるものじゃないので、緊急事態宣言が明けたときに最大限に楽し…

山のは

ここ数日の大雨が嘘のように晴れ渡った昼下がり。 最速で梅雨入りしてしまいましたが、緊急事態宣言のもとではなんとも季節の移ろいもあまり感じられなくて。 清んだ空のしたでマイペースに生活できる日々が待ち遠しいですね。

祭り囃子は青空へ

京都も御多分に漏れず緊急事態宣言なのであらゆるものが制約されてます。 それでも例年なら行われていた神事が規模を縮小しながらもやっていました。 本来お祭りというものは五穀豊穣や無病息災を願うもので、今の時代に一番必要なものだと思っています。 取…

束の間でも

どうやらまたコロナウイルスによる足枷のついたような生活がスタートしそうで。。。 とりあえず春の桜の写真を撮りに行けたのは幸いだったのかと。 ワクチンの接種などの明るい未来はまだ見えていない気もしますが、まずは自分の身体は自分で大切にする毎日…

遅ればせながらの桜

桜の写真の整理がおおよそできました。 今年は開花が早かったので余計にあっという間の桜の季節だったと感じましたね。 いわゆる観光地・桜の名所とは遠いですが、誰もここの桜の写真は撮ってないだろうと思われる力強い桜に今年も惹かれました。

2021年の桜花

大雨によっておそらくほとんどの桜が散ってしまったかと。。。 短い間に人びとを魅了するので桜の木って素晴らしいなとつくづく思います。 今年は昨年より多くの写真を撮りましたのでお花見週間ということで書いていきたいと思います。

曇天の祈り

車もほとんど通らない山道でも桜はバッチリ開花してました。 けれど京都府北部はまだ七分咲きのところもちらほらと。 あいにくの雨でしたが、そのぶんしっとりとした写真が撮れたと思います。 コロナウイルスが広まりつつあった2020年に訪れたときは「2021年…

春の装い

桜の季節になりました。 毎年訪れる河川敷の桜は少し満開には早いですが、今年も素晴らしい開花を魅せてくれそうです。 お花見する人、写真を撮る人、ジョギングする人などマスクさえしてなければ毎年と同じ景色。 自然だけは世の中がどうであろうと毎年の役…

北風と太陽

寒さと暖かさが日々戦闘しているかのような今日この頃。 桜の開花が早くなっただけに冬が最後の抵抗を見せているようにも思えます。 まだ京都北部の桜は見頃にはちょっと早いですね。 雨が強く降ったり、かと思えば晴れ間が覗いたりと慌ただしい一日。 どう…

川面は波打ち

段々と春の装いが漂ってきた感じもしますね。 朝こそ冷え込みがあるものの日中はどこかで桜が咲いていてもおかしくない天気で。 風が強いので川も少し波立っているような。 明日の空に思いを馳せてボチボチと3月も折り返します。

梅に思いを

梅も少しずつシーズンが終わりつつありまして。。。 今年は例年に比べて多くの梅の写真を撮ったなぁと。 緊急事態宣言が解除されたことと晴天ということでやはりお出かけはしたくなりますね。 最大限の警戒はしつつ、落ち着いて毎日を楽しんでいきたいです。…

リバーサイドストーリー

鴨川に出かけました。 緊急事態宣言も解除されてか日中が暖かいのか、河川敷では人が思い思いに時間を過ごしておられました。 ベンチで横になる人、タバコを吸う人、電話する人、読書する人、子どもと遊ぶ人、ただ休んでいる人などなど。 ベンチに座ってた人…

寒い日と暖かい日

暖かい日と思いきや強風と大雨で面食らったりと3月はなかなか波乱の船出。 それでもいざ太陽が昇ればそれは春の接近を身体で感じられます。 梅が満開だったり、桜の蕾が見えたり、いつも着ていた上着を少し薄くしてみたり。。。 楽しい季節にしましょう。 …

解き放つ焦燥

3月になりました。 京都でも緊急事態宣言が解除されました。 これで意気揚々とあちこち旅できるかと思うのは間違いで。 もうちょっとだけ堪えて様子を見つついきたいところです。 それでも今はやっと肩の荷が降りたことに少し喜びたい気分ですね。 久々に田…

明日を見ている

久しぶりに八坂神社に来てみました。 当然のような人の少なさです。 ついに緊急事態宣言解除の目処が立ったというか、ようやくスタートラインというか。。。 これまで通りとはいかないまでも、少しずつ少しずつお出かけってこんな感じだったなとか思い出せる…

白梅と夕景

春を通り越したような気候だった2月21日。 朝方から吹雪いていた日と同じ週とは思えない起伏ですが確実に季節は前へと。 コロナウイルスにより外出は減りまして、そのぶん外出したときには一つ一つの景色を味わおうと目が冴えています。 緊急事態宣言もも…

梅と猫と希望

またもや近所の神社へ。 緊急事態宣言が解除になればどこへ行こう。 あちらこちら行きたいところは山ほどありますが、そこで調子に乗ってはいけないともう僕たちは勉強してるので自分は人里はなれた場所を旅するんだと思います。 結構写真撮ってきたつもりで…

梅開花

春がやってきたのではないかという突き抜けた日和。 いやいやいっそのこと春が来てくれた方がありがたいんですが、それはそれでダメなんでしょうね。 いつも足繁く通う神社も梅がちらほらと開花してきました。 自然だけは緊急事態宣言もコロナも関係なく時を…

きさらぎ

新年早々いろいろあった1月も過ぎ去り2月に突入しました。 その半分を緊急事態宣言で過ごした感じですが、長い長い人生もう少しじっとしてこれからの楽しみに備えたい、それくらいの気概で毎日を過ごしたいものです。 今月もよろしくお願いいたします。

前へ前へ

早くも1月も終盤戦です。 いきなり緊急事態宣言で出鼻を挫かれましたが日常は止まることなく進み続けてまた明日からも頑張れよと言い聞かせてます。 大変なことも多い世の中ですが感染対策は全力で、楽しむことも全力で。

今年初

遅くなりましたが新年あけました。 今年もどうぞよろしくお願いいたします。 豪雪と極寒のなか明けた2021年。 今年こそは昨年できなかったこと、借りを返す意気込みで迎えてみましたが早くも緊急事態宣言。。。 それでも私たちは学びまして自粛期間の過ごし…

end of 2020

ついに激動の2020年も幕を降ろそうとしています。 今まで当たり前に旅を重ねたり、街に繰り出していた毎日が当たり前ではなかったと実感させられるそんな一年でした。 今ここで温かい部屋で大晦日を過ごせる幸せ、美味しいご飯を食べられる幸せ、笑っていら…

beyond MAX

またもや、というよりも予想通りにコロナウイルスが再拡大してきてまして次の旅どうしようかと考えざるを得ないなと。 自分にできることは最大限にやっていても目には見えないものだから正直限界はあるわけで、「行ってしまえ!」と言うは易しですが果たして…

冬空と秋の手

11月なのに寒さがましだなぁと思ってた矢先に気温は下がりぎみでして。 そして小雨が混じっていたりとあれよあれよと冬の空に。 いよいよ今年もあと僅かになりつつあります。 やり残したことばかりながらそれは来年の糧に師走に突入していくのです。

手の鳴る方へ

11月なのにどことなく暖かい日が続いたりして体調管理が大変ですね。 そしてさらに拍車をかけるようにコロナウイルスは再拡大しはじめてなかなか油断できないようで。 もう少し我慢すればという状況が続いてますがなんとか安らぐ場所があれば。

明るき日々に

いよいよ紅葉が見頃の京都府北部へ。 紅葉は桜と違って比較的見られる時期も長いのが特徴ですよね。 またもコロナウイルスが勢いを取り戻してきて、これからも無事に過ごせるだろうかと気になるところではありますが一日一日を楽しく過ごせていければ。

エール

ボチボチと外出しています。 この一年は本当に出不精になってしまって色々な感覚が鈍ってしまっていると感じています。 しかしこればかりはおそらくほとんどの人がそうだと思うので「どうして自分だけ、、、」ということはないですね。 少しずつ錆を落として…

少しだけでも

いよいよ11月になりました。 別になにがどう劇的に変わるわけではないですが、今年もあと残り少なくなってきたことと、一日の日が暮れるのが早くてバタバタとしはじめてくる季節です。 やり残したくないけどやり残したことが多い2020年。 今年に関しては誰…

秋の空に

久々に快晴の土日で、これ以上ないほどの秋らしい週末でしたね。 さすがに夜は寒くなってきてひしひしと冬に向かっているのは感じますがもう少し秋に浸らせてもらえたら。。。 日が暮れるのが早くなってきました。 また明日から楽しんで無理なくいい毎日を。

成る実

彼岸でも連休でもないなか国道は混雑してまして。 のんびり道を進み山に入りうろうろしてました。 寒くもなく暑くもない秋の陽気に柿や柚子やミカンが成っているのはさすが秋だなと。 日中が短くなってきて少し寂しい季節でもありますがまだまだこれから。