路地裏から哀愁の京都へ

京都の裏手から田舎の懐かしい景色を中心に撮影しています。

左京区界隈

あのリバー

連日天気も良く本当に梅雨なのかと。。。 田舎で栽培しているスイカなどは実がつくのか心配になりますね。 しかし雨が降ったら降ったで文句も言うのが自分の性。 川辺に足を伸ばして少しばかり休んでいました。

Brand New Way

やや気温が下がり過ごしやすい感じに。 それでも汗かきな自分はまだまだ涼しくないとと。。。 そんななか川沿いを走りまわる子どもたちの 微笑ましさと元気さにはただただ脱帽ですね。 上陸し涼みにいくのでしょうか。