路地裏から哀愁の京都へ

京都の裏手から田舎の懐かしい景色を中心に撮影しています。

見上げるフラワー


f:id:goodmorningkids:20210607005539j:image

 

早いもので2021年も半分ですね。

3月まではわりと希望というか、行きたいところや予定に満ち溢れていましたが最近はどうも不透明すぎてどうしたものかと。

こればかりは自分の努力でどうにかなるものじゃないので、緊急事態宣言が明けたときに最大限に楽しめるように今はもう少しあらゆる物の腕を磨いておければと。

 


f:id:goodmorningkids:20210607005827j:image

 

梅雨明け近いのかと思わせるような天気の入り交じりですね。

気温だけなら夏日ですしくれぐれも健康第一にいきましょう。

 


f:id:goodmorningkids:20210607005922j:image

 

 

 

祭り囃子は青空へ


f:id:goodmorningkids:20210503213753j:image

 

京都も御多分に漏れず緊急事態宣言なのであらゆるものが制約されてます。

それでも例年なら行われていた神事が規模を縮小しながらもやっていました。

本来お祭りというものは五穀豊穣や無病息災を願うもので、今の時代に一番必要なものだと思っています。

 


f:id:goodmorningkids:20210503214134j:image

 

取り仕切っていた人が言ってました。

「来年は多くの人に集まってもらってみんなで祭りを開催しましょう」

少しだけ来年が待ち遠しくなりました。

 


f:id:goodmorningkids:20210503214307j:image

束の間でも


f:id:goodmorningkids:20210420000657j:image

 

どうやらまたコロナウイルスによる足枷のついたような生活がスタートしそうで。。。

とりあえず春の桜の写真を撮りに行けたのは幸いだったのかと。

ワクチンの接種などの明るい未来はまだ見えていない気もしますが、まずは自分の身体は自分で大切にする毎日を送りましょう!

 


f:id:goodmorningkids:20210420001031j:image

遅ればせながらの桜


f:id:goodmorningkids:20210413000642j:image

 

桜の写真の整理がおおよそできました。

今年は開花が早かったので余計にあっという間の桜の季節だったと感じましたね。

いわゆる観光地・桜の名所とは遠いですが、誰もここの桜の写真は撮ってないだろうと思われる力強い桜に今年も惹かれました。

 


f:id:goodmorningkids:20210413001006j:image

 


f:id:goodmorningkids:20210413001026j:image

 

 

2021年の桜花


f:id:goodmorningkids:20210405004040j:image

 

大雨によっておそらくほとんどの桜が散ってしまったかと。。。

短い間に人びとを魅了するので桜の木って素晴らしいなとつくづく思います。

今年は昨年より多くの写真を撮りましたのでお花見週間ということで書いていきたいと思います。

 


f:id:goodmorningkids:20210405004257j:image

 


f:id:goodmorningkids:20210405004311j:image

 

 

曇天の祈り


f:id:goodmorningkids:20210329004621j:image

 

車もほとんど通らない山道でも桜はバッチリ開花してました。

けれど京都府北部はまだ七分咲きのところもちらほらと。

あいにくの雨でしたが、そのぶんしっとりとした写真が撮れたと思います。

コロナウイルスが広まりつつあった2020年に訪れたときは「2021年はきっと大丈夫でしょう」なんて思ってましたがまさかここまで長引くなんて。

 


f:id:goodmorningkids:20210329005118j:image

 

あえて再び口にするなら「2022年は大丈夫でしょう」と願いを込めて。