路地裏から哀愁の京都へ

京都の裏手から田舎の懐かしい景色を中心に撮影しています。

漁港をふらふら

f:id:goodmorningkids:20170625003652j:plain

 

かなりまとまった雨が降るようで

せっかくの土日でも残念なのが梅雨の季節あるある。

日中は太陽も出ていてもしやと思えど

徐々に雲は厚みを増して予報通りの雨。

野菜たちにとっては恵みの雨なのでしょうかねぇ。。。

 

f:id:goodmorningkids:20170625004057j:plain

 

ジッと待つ鳥たち。

これは完全に雨を予測しています。

 

 

本日も晴天なり

f:id:goodmorningkids:20170624014144j:plain

 

おそらく今週最後の晴天だったこの日。

来週は予報を見る限り傘マークがずらっと並んでいます。

祇園祭までは本格的な梅雨になるようで

今のうちに夏への移ろいを撮っておきたいものです。

 

f:id:goodmorningkids:20170624014741j:plain

 

畑への轍。

畑仕事をされている方や一服されている方など

生活は今日も進んでいきます。

 

 

サンショウウオは見ている

f:id:goodmorningkids:20170622233710j:plain

 

京都駅の近辺には京都水族館にちなんだ

生き物たちの像がちらほらあります。

交通博物館にちなんで新幹線の像もありますね。

しかしこのサンショウウオはその中でも一番多く、

おそらく京都水族館のスターなのだと思います。

 

f:id:goodmorningkids:20170622234452j:plain

 

やはりなにかを見ているようだ。。。

 

 

ある種のトンネル

f:id:goodmorningkids:20170622001415j:plain

 

夏至の日は朝から大雨で。

それでも夕暮れ時には上がって太陽も夕景を覗かしてくれました。

一年で一番日中が長い日もまた一年後までごきげんよう

これから陽は短くなりますが暑くなって緑豊かな季節に。

そんなここも草むらのトンネルになるのだと思いました。

 

f:id:goodmorningkids:20170622001947j:plain

 

しかしいよいよこれから梅雨入りの感じがしますね。

 

 

ガードの下から

f:id:goodmorningkids:20170620230939j:plain

 

頻繁に車や自転車が行き交う抜け道。

よそ見をしたら車が来ていて焦るという

地味に危ない交差点ではあります。

暑い日の中ですがこのトンネルの下は

やはりどうも涼しくて一安心です。

 

f:id:goodmorningkids:20170620231331j:plain

 

 

うつむくカラスとその後

f:id:goodmorningkids:20170619234158j:plain

 

草刈がしっかりと行き届いた道の脇でなにやらじっとしている彼。

数十秒そのままでいました。

草刈の後は鳥たちにとってはボーナスタイムなのか

鳩の群れも草むらに群がっていました。

 

f:id:goodmorningkids:20170619234721j:plain

 

何かゲットしたのか颯爽と飛んで行きました。

それにしても連日暑いですねぇ。

 

 

突き抜ける高架橋

f:id:goodmorningkids:20170619001834j:plain

 

東海道線が山科へと向かう途中にある跨線橋

ここは鉄道ファンの方々が結構集まる撮影のメッカです。

幼きころに連れて行ってもらってたのが最近のようで。

昔は高く見えたフェンスも今は背伸びすればなんとか見えるという

なんともノスタルジーに浸れる大切な場所です。

 

f:id:goodmorningkids:20170619002511j:plain

 

さすがにファインダーは覗けませんでしたが。。。