路地裏から哀愁の京都へ

京都の裏手から田舎の懐かしい景色を中心に撮影しています。

秋の空は天高く

f:id:goodmorningkids:20170925231313j:plain

 

突き抜けるような快晴で、

暑さ寒さも彼岸までを体現するかのような暑い一日に。

彼岸花もあちこちに咲き始めて

稲も刈り取られていない場所が増えてきました。

いよいよ秋の味覚とともに季節が移ろうのでしょう。

 

f:id:goodmorningkids:20170925231847j:plain

 

ちなみに彼岸は26日までをいうことを

夕方のニュースを見て知りました。

 

 

赤影の夕暮れに

f:id:goodmorningkids:20170925014818j:plain

 

お彼岸の最終日は夏を感じるような晴天でしたね。

鳴いている虫が少し違っていてやはり秋の感はありますが

夏がわりかし好きな自分としては嬉しい気もします。

そして夕焼けも美しかったのでまた晴れるでしょう。

 

f:id:goodmorningkids:20170925015903j:plain

 

車も途切れてなんとなくいい感じに。。。

 

 

お彼岸の彼方に

f:id:goodmorningkids:20170923232847j:plain  

お彼岸に合わせてくるように咲いた彼岸花

田畑の畦道にばかり咲くのは球根になにやら理由があるようで。

京丹波町彼岸花があちらこちらに咲いていますが、

まだまだこれから増えそうです。

短い時期に咲き誇るので個人的に好きな花です。

 

 

石畳とその空に

f:id:goodmorningkids:20170923002529j:plain

 

雨は大丈夫と聞いていたのに降られてしまいましたね。

それでも彼岸の土日は予報が変わって天気よさそうなので

田舎に帰って色々できそうです。

夏は終わってしまったなぁとか言っているあいだに

もう早くも来週末は10月という流れに時の早さを実感。。。

 

 

f:id:goodmorningkids:20170923005235j:plain

 

たまには対岸にも行かないと!

 

 

栗の日

f:id:goodmorningkids:20170922005347j:plain

 

先週の台風に負けずに実った栗。

左側の栗はイガこそ耐えたが実が落ちてしまっていました。

いやもしかしたら動物の食事と化したのかもしれません。

緑のイガもちらほら色が変わってきて秋が本格化なのかと。。。

 

f:id:goodmorningkids:20170922012241j:plain

 

落ちながらも成熟してくれた栗。

 

 

雨上がりの側道から

f:id:goodmorningkids:20170921002052j:plain

 

雨はまだ大丈夫だろうと油断している時こそ降るもの。

ちかくに運よくベンチがあって通り雨をやり過ごして

さて行くかと歩きだしたときの風景ですね。

葉っぱが散ってまた次の芽吹きに備える、

そんなこんなでマイペースにやっていきたいですねぇ。

 

f:id:goodmorningkids:20170921003042j:plain

 

雨風が来る前の休憩場所です。

颯爽と雨雲は過ぎて行きましたね。

 

 

ふと来た道を

f:id:goodmorningkids:20170920002731j:plain

 

昼間の昼食時、道を歩いているのは自分一人で。

それでも開いている窓からテレビの音となにやら焼いている匂い。

田園風景を横にゆっくり歩いてみるのも悪くないと思いました。

それにしてもまだ暑さはありますね。