路地裏から哀愁の京都へ

京都の裏手から田舎の懐かしい景色を中心に撮影しています。

季節を越えて今

f:id:goodmorningkids:20181119232752j:plain

 

京都府北部は本格的に紅葉しています。

今回訪れたのは春は桜を撮りに、冬は雪景色を眺める場所です。

西日本豪雨のときにこの集落への道は寸断され孤立しました。

その爪痕はまだまだ残っていますが紅葉や人々は強くて。

今年もこの景色を撮ることができて本当に良かったです。

 

like a shadow

f:id:goodmorningkids:20181113121152j:plain

 

秋も深まりといいたいながらも冷え込みは浅く

今年はなんだか季節のうつろいもスローだなと呑気に構えてます。

確かに寒くなると外に出るのは大変だし足も遠退きます。

それでも11月でもうそろそろ冬の装いも出てきてもと思うのですが。。。

紅葉はまだもう少し。

 

 

小宇宙なる花

f:id:goodmorningkids:20181104122516j:plain

 

秋も盛りでございますね。

ゆっくりと寒くなっていくさまはまさに11月です。

紅葉もあるし山は色付くしで一年で最も季節の変化が

目に見えてわかる季節ですね。

そんな今年もコスモス園に足を運びました。

秋を謳歌するように咲き誇る花々。

まだまだ今年も走ります。

 

f:id:goodmorningkids:20181104122916j:plain

 

 

ある販売所

f:id:goodmorningkids:20181028124903j:plain

 

穏やかに過ぎ行く午後に訪れたバス停と無人販売所。

一日に数えるほどしかないバスとそこに併設された新鮮な野菜を

販売しているとのことで商品の減り加減から好調なようですね。

どんな野菜があるのか眺めたり写真を撮ろうと近寄るも

正面にでかでかと監視カメラが。

そんな悪さする人はいないと信じたいですが

世が世なのでまぁしょうがないかなと。

 

night in night

f:id:goodmorningkids:20181021130043j:plain

 

朝晩の冷え込みが秋らしいですね。

しかし日中は歩いていると汗ばむくらいの陽気で。。。

穏やかなニュースもあれば心温まったり

熱くさせられる知らせもあったりとコロコロ。

ぼちぼち紅葉に向けて動き出す季節でワクワクする一方で

あぁ冬かと厳しい時期をもイメージしたり。。。

 

 

over

f:id:goodmorningkids:20181014015144j:plain

 

秋めいたというより肌寒いそんな一日。

なんというか色々とバタバタするということは

それだけ季節は先へ先へと進むということ。

なんとか心は穏やかにと願ったりしますが

忙殺されるとそうもいきませんね。

それでも大好きな猫を見るとほんの少しだけ

時間がスローダウンするような。。。

 

f:id:goodmorningkids:20181014015501j:plain

 

 

天高く成れ

f:id:goodmorningkids:20181008015627j:plain

 

おかげさまで台風も逸れたので京丹波町はわりと好天に。

栗が成るこの季節に風は本当に大変ですね。

それでも収穫を待つ木々は耐えてくれたことに感謝です。

すっかり日も短くなり秋も本格化という感じでしょうか。

季節の変わり目、体調だけには気を付けて頑張りたいものですね。

 

f:id:goodmorningkids:20181008015938j:plain

 

栗のシルエットはまさに秋の象徴です。

足元に落ちている空っぽのイガは収穫されたのか

はたまた野生のお客さんの食後なのか。。。