読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

路地裏から哀愁の京都へ

京都の裏手から田舎の懐かしい景色を中心に撮影しています。

昼下がりの行動 とある晴れた午後

f:id:goodmorningkids:20170524003648j:plain

 

心ない落書きは無視するとして桂川沿いの

サイクリングロードは意外と平日でも通行する方が多い。

自転車、歩き、ジョギング、音楽に揺られながらと

その顔色やテンションは様々です。

そしてカメラ片手に歩いている自分もそんな一人。

 

f:id:goodmorningkids:20170524004210j:plain

 

ネコも暑さで寝ているようです。

いや、もしかしてそのトタンはひんやりしているのか!?

 

 

アレグロ

f:id:goodmorningkids:20170523003728j:plain

 

毎日天気がよいので夕景もパリッと決まるんですが

スモッグなのか黄砂なのかわかりませんが

お昼時はなにか霞んで見えます。

たぶんこれが光化学スモッグに成長してしまうのでしょう。

季節は夏を飛ばして秋っぽくしてみました。

 

f:id:goodmorningkids:20170523004234j:plain

 

寂しさを思わせますが新芽です。

 

 

hot limit

f:id:goodmorningkids:20170522005246j:plain

 

毎日のように言っていますがあえて言わしてもらいます。

夏だと。

例年こんなに暑かったかなぁなんて思いながら海沿いをウロウロ。

歩いているだけで汗はしたたりますが潮風がなんとかカバー。

なんだか海もいいなぁと思いましたね。

 

f:id:goodmorningkids:20170522005635j:plain

 

日陰で花は咲き誇るとな。。。

 

暑い暑いもなすがまま

f:id:goodmorningkids:20170521010947j:plain

 

完全に夏ですね。

コンビニ前のおじさん、喫煙所の人々はもれなく口にする。

「今日は夏やな」と。。。

本当に6月になる前にここまで暑い日というのは珍しいのではないでしょうか。

なるべく涼しげな風景を求めて歩き続けて結局汗だくに。。。

 

 

f:id:goodmorningkids:20170521011600j:plain

 

こういう気候もやはり自然には勝てませんね。

 

 

green&blue

f:id:goodmorningkids:20170520005203j:plain

 

京都市内はなんと30℃オーバー。

どうりでフラフラにもなるわけですね。

ベンチから腰を上げた刹那、左足に力が入らないときはピンチでした。

もはや梅雨なんてすっ飛ばして夏が来るのではなかろうか。

そんな晴れの日でした。

 

f:id:goodmorningkids:20170520005646j:plain

 

木陰が実は一番涼しいのではないかとしんじてやまないです。

 

 

細路地の海沿い

f:id:goodmorningkids:20170519004401j:plain

 

お気に入りの場所を通りがかったのでせっかくですしウロウロ。

昼時ということで魚の焼けた匂いやテレビの音がどこからともなく

聞こえてきてなんかいいなぁと思っていました。

暑くなるのか冷えるのか見極めるのが下手なので

基本的に汗をかいております。

 

f:id:goodmorningkids:20170519004922j:plain

 

家の裏は駐車場のようでこれもいい感じです。

 

 

実は藤の花

f:id:goodmorningkids:20170518004814j:plain

 

桂川のよく行く公園に気がつけば藤の花が。

紫色でパッと見たらブドウのような形で結構好きな花です。

公園にあるこういう感じの屋根に基本的にからんでいる花ですが

実は山にも普通に咲いているのを見て割とびっくりでしたね。

 

f:id:goodmorningkids:20170518010146j:plain

 

なかなか平和でのんびりと過ごしました。