路地裏から哀愁の京都へ

京都の裏手から田舎の懐かしい景色を中心に撮影しています。

季節外れの紅

f:id:goodmorningkids:20180810005103j:plain

 

お盆休みの前でてんやわんやでございました。

猛暑はちょっと落ち着いた感じですね。

いや、充分暑いには違いないですが、

これまでが異常でどうやら麻痺している模様。。。

 

先日立秋を迎えたみたいですがまだまだ。

しかし植物は微かに季節の流れを感じているのか

この写真の楓はそこはかとなく色づいてまして。

秋なんて微塵も感じませんが季節は移ろうようで。。。

 

f:id:goodmorningkids:20180810005408j:plain

 

 

ケロッグ

f:id:goodmorningkids:20180806003840j:plain

 

とある現場に訪れました。

ブルーシートを敷いて少しでも涼をとろうと頑張るも

日射しはキツいですし風は吹きません。

なんとなく下を見るとやってきたのはトノサマガエル。

雨が降らなくて辛いでしょうねぇ。

夕立もないもんで。。。

週間予報も太陽マークが連発。

頑張りましょう。

 

f:id:goodmorningkids:20180806004202j:plain

 

小さいお客も登場しました。

 

 

 

グリーンWell

f:id:goodmorningkids:20180804021924j:plain

 

この土日の京都市の最高気温39℃の予報。

あぁ夕立すら起こりませんねぇ。

ちょっとダウンしておりました。

 

以前の日記で登場した道路脇の田んぼ。

あれよあれよと緑を濃くして成長しているようす。

この雨もまるで降らない環境ながらも秋を信じる。

それよりもこの暑さ、本当に終わるんでしょうか。。。

 

 

ニューカマー

f:id:goodmorningkids:20180801003123j:plain

 

いつも通る道にはよく猫がうろうろしています。

日中は暑いのでめったに見ませんが夕方は多いです。

そんな猫のなかに見かけない模様の仔猫が二匹ほど。

白黒模様で草影にてくつろぐ白黒さん。

とりあえず車には気をつけてくれというしかないですね。

 

 

レトロスタンド

f:id:goodmorningkids:20180730011209j:plain

 

河原町に出てきました。

台風は夜のうちに通りすぎて近所での被害はそれほど。。。

葉っぱとゴミが散乱していたのはしょうがないかと。

 

全く関係ないですが、このスタンドというレストラン。

今でこそ「スタンド」と表記されていますが

少し前までは創業当初からの「ドンタス」と

右から読む表記だったんです。

昔ながらの洋食屋の味は変わらないのでぜひ。

 

 

無限の彼方へ

f:id:goodmorningkids:20180728011951j:plain

 

今年も見つけましたセミの脱け殻。

目線よりも高い位置にあったので地面から這い出て

のそのそとコンクリートの壁を登ったことになります。

セミというのは短い命ながら全身全霊で声を出して存在証明。

道でひっくり返った姿はどこか誇らしげに見えます。

 

またもや台風による大雨が予想されます。

そろそろ雨が欲しいなぁと思ってますが限度があります。

大きな被害が出ないことを。。。

 

 

とある晴れた午後

f:id:goodmorningkids:20180727021341j:plain

 

晴天の下、繰り出した田舎の集落は暑さはそのままに

すっかり夏の装いが感じられます。

遠くを走る鉄道の音、セミの声、正午になると流れる

ビートルズのyesterdayの時報

こういう過ごし方もいいなとふと夏休みを思い出す

そんな夏の日でしたね。